Windows 7はXPに比べて、セキュリティ機能が強化されている。これらの機能は、ウイルスや不正アクセスから企業ネットワークを守る意味では重要だが、トラブルを引き起こす原因にもなる。

 セキュリティ機能で問題を引き起こす原因の代表格が、「UAC」だ(図1)。UACは、不正なプログラムによる重大な設定変更を防止する機能で、標準設定で有効になっている。しかしこの機能によって、「アプリケーションが起動しない」「ActiveDirectoryなどのログオンスクリプトが実行されない」といったトラブルが起こるケースがある。問題が起こったアプリケーション自体を、UACが有効な環境でも動くように作り替えるのが根本的な解決になるが、なかなかそうもいかない。セキュリティとのトレードオフにはなるが、実際問題が発生してしまったら、UACを無効にするしか事実上選択肢がないことが多い。

図1●UAC機能が有効になっている
UACは、不正なプログラムによる重大な設定変更を防止する機能。しかし、この機能によって、一部のアプリケーションが起動できなくなったり、ログオンスクリプトが実行できなくなったりするトラブルが起こる可能性がある。無効にすることで、解消できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。