>>目次へ

基本情報

サービス名称など
名称FUJITSU Cloud PaaS A5 Powered by Windows Azure
種類PaaS
紹介サイトURLhttp://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/paas/fgcpa5/

ハードリソース
最小構成時の構成CPU:1.0 GHz
メモリー:768MB
HDD:20GB、別途ストレージ機能を備え、ストレージサイズについては無制限。
ネットワーク帯域:Sインスタンス1台あたり、100Mbps割当(ベストエフォート)
CPUの追加単位1.6 GHz ×1、×2、×4、×8(Q1と合わせて全5サイズ)
メモリーの追加単位コンピューティングのサイズに応じて変更可能。最小構成(XSインスタンス)の上位は1.75GB(Sインスタンス)、3.5GB(Mインスタンス)、7GB(Lインスタンス)、14GB(XLインスタンス)
HDDの追加単位コンピューティングのサイズに応じて変更可能。最小構成(XSインスタンス)の上位は225GB(Sインスタンス)、490GB(Mインスタンス)、1,000GB(Lインスタンス)、2,040GB(XLインスタンス)
ネットワーク帯域の追加単位コンピューティングのサイズに応じて変更可能(ベストエフォート)。Sインスタンス:100Mbps割当、Mインスタンス:200Mbps割当、Lインスタンス:400Mbps割当、XLインスタンス:800Mbps割当
特定顧客向け専有リソースの提供 なし

ソフトリソース(IaaS、PaaSともに動作保証するソフトすべて)
仮想化ソフトHyper-V、Hyper-Vをベースとしたマイクロソフト独自方式
OSWindows Server系、Windows ServerをベースとしたWindows Azure OS
RDBソフトMicrosoft SQL Server、SQL ServerをベースとしたSQL Azure
分散処理ミドルウエア/NoSQLWindows Azure ストレージ(テーブル)
APサーバーTomcat、JBoss、IIS、WebSphere、WebLogic、標準で利用できるのはIIS。富士通ミドルウエアInterstage、富士通ミドルウエアNetCOBOL、Tomcat、JBoss、WebSphere、WebLogic等、他のAPサーバーはユーザーによるインストレーションが必要
開発言語Java、.NET(C#など)、Ruby、Python、PHP、Windowsアプリケーションが開発可能な開発言語すべて
ウイルス対策ソフトなし

料金、契約方法、運用管理、保証するサービスレベル、保守サポート体制、セキュリティ、実績は次ページ以降

本サービスに関する情報は2013年7月時点。内容は、サービス提供会社からの申告をそのまま掲載しています。サービス内容の詳細や最新状況は各サービス提供会社にお問い合わせください。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。