健康関連商品のECサイトを手掛けるケンコーコムは、全社のシステムをオンプレミスからクラウドへ移行した。まず、基幹系以外の社内サーバー50台以上をAmazon Web Services(AWS)上に移し、その後、国内で初めてSAP ERPをAWS上に構築した。開発現場の奮闘をレポートしよう。

 ケンコーコムの笹葉 謙氏(図1写真右)が新設されたERP推進室の室長に就いたのは、東日本大震災の影響がまだ強く残る2011年5月16日のことだ。この組織は同社の基幹系システムを再構築するために作られた。最大の目的はERPパッケージの導入による内部統制の強化やIFRS(国際会計基準)対応であった。しかし、設置後しばらくは、本格的にプロジェクトを進められる状況にはなかった。

図1●基幹系システムのクラウド化を進めた森田 至氏(左)と笹葉 謙氏(右)
図1●基幹系システムのクラウド化を進めた森田 至氏(左)と笹葉 謙氏(右)

 ERP導入プロジェクトを始められなかった理由は、別のITプロジェクトが社内で始まったからだ。それは、基幹系システムを除く、社内サーバー50台以上をAmazon Web Services(AWS)に移行するというものだ(別掲記事「基幹系に先行してサーバー50台をクラウドへ」を参照)。これが終わらなければ、システム部門であるIT部の手が空かなかったのだ。

クラウドの選定
社内実績を基にAWSを採用

 2011年夏、サーバー移転プロジェクトにメドがつき、本格的にERP導入プロジェクトが始まった。パッケージソフトは導入実績やIFRS対応であることから、独SAPのERPを採用した。

 システムを稼働させる場所は、AWSが第1候補だった。既に基幹系システム以外のサーバーの多くがAWSに移行済みで、AWSのメリットを実感していた。知見が社内に蓄積されていたこともあり、「特別な理由がない限り、システムはAWS上に構築する方針になっていた」と笹葉氏は話す。

 AWSでの稼働を前提としたSAP導入という条件で、ベンダー選定を開始。約1カ月かけてNTTデータ グローバルソリューションズ(当時はNTTデータソルフィス)を選んだ。自社の業務に適しているSAPのテンプレートを持っていたことが主な理由だった。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。