【5】スタートティップからスリープやシャットダウンが可能になった

 Windows 8で廃止された「スタートボタン」は、Windows 8.1では「スタートティップ」という名前で復活した。デスクトップの左下に表示されるWindowsのロゴがスタートティップだ。ストアアプリを利用しているときは、画面左下にマウスポインターを合わせるとスタートティップが表示される。

 機能はシンプルで、スタート画面に戻るだけだ。Windows 7以前のように、スタートメニューは表示されない。ユーザーからの要望は大きかったはずだが、マイクロソフトとしては、スタートメニューはどうしても消し去りたかったのだろう。

 スタートティップを右クリックすると、シャットダウンやスリープもできる便利なメニューが表示される。タッチ操作ならスタートティップを長押しすればよい。ショートカットキーなら、[Windows]+[X]キーだ。

デスクトップ左下に表示されるスタートティップ。クリック(タップ)するとスタート画面に切り替わる。
[画像のクリックで拡大表示]
ストアアプリ利用中は、画面左下にマウスポインターを合わせると、スタートティップが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]
スタートティップの右クリックで表示されるメニュー。ここからシャットダウンやスリープができる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。