【8】PC設定で設定できる項目が充実

 「PC設定の変更」で設定できる項目が大幅に増えた。例えば、画面解像度も変更できるようになったし、マウスやタッチパッドの設定、ネットワークなども設定可能になっている。Windows 8では、コントロールパネルをわざわざ開かなければならなかったケースでも、Windows 8.1では「PC設定の変更」だけで間に合うことが増えるだろう。

チャームバーで「設定」をクリック(タップ)し、「PC設定の変更」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]
PC設定の変更。左側で設定項目を切り替える。
[画像のクリックで拡大表示]
「PCとデバイス」では、ディスプレイ解像度の変更やマルチディスプレイの設定が可能になっている。
[画像のクリックで拡大表示]
「ネットワーク」の設定。Windows 8ではホームグループの設定だけだったが、Windows 8.1では設定できる項目が増えた。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。