Windows Server 2012 R2の大きなコンセプトである、クラウドOSという考え方に基づくIT基盤の実装はサーバー管理に対する大きな変革をもたらすだけでなく、そのサービスの利用者に対してもBYODやリモートワークのキーワードに代表されるような、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも仕事ができる環境の提供に大きな役割を果たす。

 ここでは、Windows Server 2012 R2によって実現される、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも仕事ができる環境(本稿ではこれをフレキシブルワークスタイルと呼ぶこととする)のための機能と、フレキシブルワークスタイルによってバラバラになりがちな管理体系をSystem Center 2012 R2やWindows Intuneによって一元化するための方法について、それぞれ解説する。

フレキシブルワークスタイルを実現するための
Windows Server 2012 R2の機能

 Windows Server 2012 R2によって提供されるフレキシブルワークスタイルのための機能は大きく、外出先からのアプリケーションアクセス、社内ネットワークへのリモートアクセス、デスクトップ仮想化の3つに分類される(表1図1)。

表1●Windows Server 2012 R2が提供するフレキシブルワークスタイルのための機能
[画像のクリックで拡大表示]
図1●フレキシブルワークスタイルを実現する、3つのWindows Server 2012 R2のテクノロジー
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。