最終回はAWS上でRDB(リレーショナルデータベース)をフルマネージドサービスとして提供しているRDS(Relational Database Service)のつまずきポイントについて解説する。RDSとはMySQLをはじめ、MS SQL ServerやOracle DatabaseなどのRDBを、OSやRDBをインストールすることなくすぐに利用できるサービスである。

 必要なパラメーターをRDS起動時に設定し、起動したRDSは各RDBクライアントから接続して利用する。また、フルマネージドサービスなのでOSやRDBのパッチングについてはユーザーが意識する必要がない。オプションも豊富で、複数のアベイラビリティーゾーンでActive-Standby構成を実現する「Multi-AZ」機能や、参照用RDSを作成する「Read Replica」機能も簡単に設定できる。

 このように便利なサービスなのだが、サービスとして提供されているので制限も存在する。

つまずきポイント1:SSH(RDP)接続ができない

 RDSを起動するとエンドポイントと呼ばれる専用のDNS名が発行される。ユーザーやアプリケーションはこのエンドポイントに接続してRDSを利用することができるのだが、RDSが提供しているインターフェースはエンドポイントへの特定ポートであり、接続可能なプロトコルも限られる。

 このことを知らずに、オンプレミスのDBサーバーのような感覚でOSにログインしようとする初心者は多い。ログインする理由としては、OSに出力されたログを確認しようとしたり、MySQLのプラグインを導入したりするためだ。

 RDSが稼働しているOSにEC2インスタンスと同様にSSHやRDPで接続しても、ログインは不可能だ。AWSの仕様として、RDSが動作するOSへのアクセスはできないようになっている。

 この対策としては、求めているシステム要件がRDSで満たせるかどうかをよく確認することだ。RDSで満たせないと判断した場合には、EC2上にRDBMSをインストールして自前で運用するという選択肢もある。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。