写真●Endeavor S シリーズ AY330S
写真●Endeavor S シリーズ AY330S
[画像のクリックで拡大表示]

 エプソンダイレクトは2013年12月25日、第4世代Core iプロセッサーを搭載した省スペース型デスクトップパソコン「Endeavor S シリーズ AY330S」を同日から受注開始したと発表した(写真)。BTO項目を要望の高い3項目のみに絞り込んだシンプルカスタマイズに対応する。最小構成価格は6万900円から。

 従来モデル「Endeavor S シリーズ AY321S」をベースに、CPUを第4世代のCore i3-4130/i5-4440Sに変更したモデル。Core i5の場合で内蔵グラフィックスが「インテルHDグラフィックス2500」から「同4600」となり、ビデオ性能がより強化された。

 また、従来モデルでは、背面のUSB端子が6基ともUSB 2.0対応だったが、AY330Sではうち2基が転送速度5Gbps(理論値)のUSB 3.0に対応した。ディスプレイ出力はアナログRGBとDVI-Dの2系統を備え、マルチディスプレイ環境を構築できる。

 そのほかの仕様は、標準4GB(最大8GB)のメインメモリー、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSは、Windows 8.1 Pro(64ビット版)、Windows 8.1(64ビット版)、Windows 7 Professional(64ビット版/32ビット版)、Windows 7 Home Premium(64ビット版/32ビット版)から選択できる。シンプルカスタマイズではCPU、メインメモリー、OSのみ選択可能。