NECは2014年1月14日、春商戦向けのパソコン新製品を発表した。2013年秋に発表したモデルからの変更点は、ストレージの増強や通信機能の強化などで、改良は小幅にとどまる。新製品のラインアップはノートパソコンが3機種8モデル、デスクトップパソコンが2機種5モデル。価格はオープンで、1月中旬から販売を開始する。このほかに「LaVie Z」シリーズなど継続販売モデルもある。以下、注目製品を紹介していこう。

 「LaVie L LL850/RSB」は、CPUにCore i7-4700MQ(2.4GHz)を搭載したハイエンドノート。15.6型のタッチパネル液晶を搭載する。解像度は1920×1080ドット。メモリーは8GBで、光学ドライブはブルーレイディスクドライブ(BDXL)を採用した。従来製品に比べ、ストレージとなるハイブリッドHDDの容量を1TBから1.5TBへと増強している。OSはWindows 8.1 64ビット版で、オフィスソフトとしてOffice Home and Business 2013が付属する。実勢価格は約21万円。

LaVie L LL850/RSB
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。