ここまで、Windows Server 2012 R2のさまざまなストレージ機能を紹介してきた。最終回は、Windows Server 2012からの新機能であるスケールアウトファイルサーバー(SOFS)について解説する。

スケールアウトファイルサーバーとは

 スケールアウトファイルサーバーは、Windows Server 2012から新しく追加された機能で、サーバーを増やすことで性能や可用性を向上させるファイルサーバーである(図1)。

 SOFSはフェールオーバークラスターを使うことでスケーラビリティを実現しているが、本来フェールオーバークラスターではスケーラビリティは提供されない。今回は、誤解されがちなフェールオーバークラスターの動作について解説したあと、SOFSの機能を紹介する。

図1●スケールアウトファイルサーバー(SOFS)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。