「中堅・中小企業」と一口に言っても、その対象となる企業層は非常に幅広い。そのため、「クラウド」というキーワードに抱くイメージも様々だ。その中でも中堅上位層(年商300億円以上~500億円未満)は専任のIT部門を持つ割合も高く、システム規模も年商500億円以上の大企業とさほど変わらないケースが少なくない。こうした企業層では社内設置型のシステムにも相応の投資を行っており、すべてをインターネット上のクラウド環境に移すというわけにもいかない。

 そのため、クラウドを賢く活用していくためにも、まずは自社内のシステム環境(オンプレミス環境)を管理/運用していく上での課題をきちんと解決することが重要だ。そこで、本記事では中堅上位企業層がオンプレミス環境の管理/運用において直面しやすい課題を取り上げ、それらの解決策について解説していくことにする。

オンプレミス環境の運用管理で多く見られる3つの課題

 中堅上位企業がオンプレミス環境の運用管理において直面する課題は様々だ。その中でも特に多く挙げられるものとしては以下の3つがある。

  1. 複数メーカーのIT商材を一括してサポートしてもらえず、管理業務の負担が大きい
  2. サポート期限が近づいているまたは終了しているが、新しい機器への移行が難しい
  3. 監視/管理をなるべく外部に任せたいが、すべてがリモートで実施できるわけではない

 以下では上記3つの課題それぞれについて、中堅上位企業層を対象とした調査データなどを交えながら、課題解決の取り組みを考えていくことにする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。