ITを駆使して自社だけでなく顧客の在庫も管理する──。卸大手メディパルホールディングス傘下で医療用医薬品を扱うメディセオは、2012年からタブレットを医療機関や調剤薬局に配布し始めた(図2)。累積配付台数は、2013年9月時点で1万台を超えた。背景にあったのは、「顧客からの注文プロセスを改革しない限り、物流コストの削減は難しい」(メディセオ執行役員の柏木整システム本部長)という問題意識だ。

図2●メディパルホールディングスはタブレットを活用し、医療用医薬品の受発注と配送を効率化
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。