物流、とりわけ貿易業務には複雑な規制がつきものだ。ITを活用することで規制をクリアし、新ビジネスを生み出そうとしているのが住友商事である。

 住友商事は2012年6月、「輸出入許可通知データ管理システム(DDMS)」の本格運用を始めた(図4)。税関が発行する輸出入許可書をデジタル化して保存するシステムだ。原則として許可書は紙で保存する義務があるが、税関長がDDMSを承認したことでペーパーレス化に踏み切った。物流統括部の四方田章光部長付は「税関が求める要件が厳しく、多くの企業がデジタル化を実現できていない。国内では当社が恐らく初めての例だろう」と打ち明ける。

図4●住友商事が構築した、輸出入許可書のペーパーレス管理システム「DDMS」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。