「活文 ReportMission」を使ったスマートデバイスからの帳票参照例
「活文 ReportMission」を使ったスマートデバイスからの帳票参照例
[画像のクリックで拡大表示]

 日立ソリューションズの「活文 ReportMission」は、帳票の仕分け、保管、廃棄などの帳票運用を自動化し、帳票データを活用する電子帳票システムである。最新版では、保存した帳票をiPhone/iPadなどのスマートデバイスから検索・参照できるようにした。例えば、流通業の店舗では、在庫管理表や納品一覧表、売上表などをスマートデバイス上で閲覧しながら作業ができるようになった。

 活文 ReportMissionは帳票の保管庫として利用でき、帳票を印刷する代わりに、印刷と同じイメージで電子帳票を自動保管できる。ReportMissionに転送された帳票は、あらかじめ設定しておいた仕訳情報に従って自動的に分類・保管され、あらかじめ設定した保管期限がくると、自動的にで廃棄される。いったんReportMissionに保管した帳票は修正できなくなるため、帳票の改ざん防止にもなる。

 最新版では、スマートデバイスとして、iOSとWindows 8を搭載したスマートデバイスをサポートする。これにより、社内だけではなく、店舗や作業現場、営業先などの社外から帳票参照が可能になり、業務効率向上やペーパーレス化の実現が可能となった。

活文 ReportMissionの概要
主なサービス内容 帳票の仕分け、保管、廃棄などの帳票運用を自動化し、帳票データを活用する電子帳票システム。最新版では、保存した帳票をiPhone/iPadなどのスマートデバイスから検索・参照できるようにした。
料金(税別)160万円~(10クライアント同時接続ライセンス)
発表2014年2月13日
提供開始2014年5月16日