NX7700xシリーズの外観
NX7700xシリーズの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 NECのNX7700xシリーズは、セキュリティシステムや金融系システム、企業の受発注管理や生産管理システムなどの領域のIT基盤になるエンタープライズサーバーである。需要予測や顧客分析といったビッグデータ活用のニーズにも対応しており、オープンで高性能・高信頼なIT基盤である。

 NX7700xは、CPUに最大15コアのIntel XeonプロセサE7 v2製品ファミリ(動作周波数1.90G~3.40GHz)を採用し、最大4CPUを搭載。従来機であるExpress5800/A1080a-Sの約2倍の性能を実現した。また、メモリーは最大4Tバイト搭載し、大容量メモリーを生かしたインメモリーデータベースにも対応可能。OSは、Windows Server 2008 R2/2012、Red Hat Enterprise Linux 6.4以降、Oracle Linux 6.4/UEK R2以降、VMware ESXi 5.1 Update 2、VMware ESXi 5.5をサポートする。

 NEC独自の技術で実現したRAS機能により、CPUコアやメモリーを監視し、障害予兆が現れた場合には自律的に保守を実行する。運用開始後に必要なCPUコアを有効化させるCOPT(Capacity Optimization)機能により、業務量の増加に伴う性能追加の際も、システムを止めずにCPUコアの増設が可能。また、クラスタリングソフトウエア「Oracle Clusterware、Oracle Real Application Clusters」との連携機能を強化し、フェイルオーバーを従来比最大1/10の時間で実行できるようになった。

 なお、NX7700xは同社の垂直統合製品「NEC Solution Platforms」や、「Data Platform for Oracle Database」「Data Platform for Microsoft SQL Server」などのプラットフォームとしても活用される。また、SAP HANA向けアプライアンスサーバー「NEC High-Performance Appliance for SAP HANA」も発売する。

NX7700xシリーズの概要
主な特長 セキュリティシステムや金融系システム、企業の受発注管理や生産管理システムなどの領域のIT基盤になるエンタープライズサーバー。需要予測や顧客分析といったビッグデータ活用のニーズにも対応した、オープンで高性能・高信頼なIT基盤。
価格(税別)1NX7700x/A2010M-60:333万4000円~
NX7700x/A2010M-30:363万8000円~
NX7700x/A2010M-15:307万6000円~
NX7700x/A2010L-60:174万3000円~
発表2014年2月19日
提供開始2014年3月28日