>>目次へ

基本情報

サービス名称など
名称Amazon Web Services
種類IaaS、PaaSの両方
紹介サイトURLhttp://aws.amazon.com/jp/

ハードリソース
最小構成時の構成CPU:AWSはマイクロインスタンスというインスタンスタイプ(このインスタンスタイプという概念により、スペックを特定します)を持っておりそのCPUは最大2GHzまでスケールします。
メモリー:613MB
HDD:マイクロインスタンスはAMI(Amazon Machine Image)から起動します。そのサイズは通常8GBですが、より小さなAMIを1GBから持つことも可能です。
ネットワーク帯域:最小構成でも特に帯域制限なく利用できます。
CPUの追加単位AWSは数多くのインスタンスタイプを持っており、そのタイプ毎にCPUの能力が決まっています。例えば、スモールインスタンスは1ECU(ECUとは仮想CPUパワー。1ECUが2007年のXeon 1GHz相当)です。
メモリーの追加単位AWSは数多くのインスタンスタイプを持っており、そのタイプ毎にメモリーの能力が決まっています。例えば、スモールインスタンスは1.7GBです。
HDDの追加単位Amazon EBS(Elastic Block Store)を使用した場合、1GB単位で1TBまで選択でき、複数のEBSを接続できます。
ネットワーク帯域の追加単位全インスタンスで広帯域なnetworkを利用できる。HPCインスタンスでは10Gbps Eatherのnetworkを追加料金なしで、EBS Optimized NetworkではEBSとインスタンス間のネットワークの帯域保証も可能
特定顧客向け専有リソースの提供 サーバー、ネットワーク、ストレージ、ディスクへのIOパフォーマンス(読み、書き)、物理サーバーの専有利用

ソフトリソース(IaaS、PaaSともに動作保証するソフトすべて)
仮想化ソフトVMware、Xen、Hyper-V、KVM、Oracle VM
OSWindows Server系、Red Hat Enterprise Linux、Solaris、SUSE Linux、CentOS、Ubuntu、コミュニティベースのOS多数
RDBソフトOracle、Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQL、IBM DB2など多数
分散処理ミドルウエア/NoSQLHadoop/MapReduce、Cassandra、CouchDB、MongoDB、Amazon DynamoDB、SAP HANA、その他NoSQLサービス多数
APサーバーTomcat、JBoss、IIS、WebSphere、WebLogic、富士通Interstage, SAP NetWeaver他
開発言語Java、.NET(C#など)、Ruby、Python、PHP、EC2上に環境をインストールすることであらゆるプログラム言語を用いることが可能
ウイルス対策ソフトシマンテック製品、トレンドマイクロ製品、マカフィー製品、Bitdefender, Sophos

料金、契約方法、運用管理、保証するサービスレベル、保守サポート体制、セキュリティ、実績は次ページ以降

本サービスに関する情報は2014年1月時点。内容は、サービス提供会社からの申告をそのまま掲載しています。サービス内容の詳細や最新状況は各サービス提供会社にお問い合わせください。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。