業務のために利用するスマートフォン/タブレット/ノートPCなどのモバイル機器は、その過半数を会社が調達して通信費も負担していた。

 ITpro Activeでは2014年2月12日から3月2日にかけて「モバイル機器の業務利用実態調査」を実施して、計322人から回答を得た。その結果、業務に利用しているモバイル機器は、「勤務先が調達(リース/レンタルを含む)して支給」が56.8%であることが明らかになった。「自分(または家族)で購入」したモバイル機器を業務に利用する、いわゆるBYOD(私物デバイス活用)は43.2%にとどまった(図1)。

図1●業務で主に利用しているモバイル機器は誰が購入したか
図1●業務で主に利用しているモバイル機器は誰が購入したか

 業務のためにモバイル機器でメールやブラウザーなどを利用した場合の通信料金は「勤務先が負担」が55.9%、「自分(または家族)が負担」は41.0%(図2)。図1と図2をクロス集計したところ、会社支給のモバイル機器を利用している回答者の9割以上は、通信費も会社負担だった。

図2●業務で主に利用しているモバイル機器の通信料金は誰が負担しているか
図2●業務で主に利用しているモバイル機器の通信料金は誰が負担しているか

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。