図1●プロセス・モデリングの画面
図1●プロセス・モデリングの画面
[画像のクリックで拡大表示]
図2●ルール・オーサリングの画面
図2●ルール・オーサリングの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 レッドハットが2014年3月6日に提供を開始した「Red Hat JBoss BPM Suite 6」は、オープンソースのビジネスプロセス管理(BPM)関連ソフトウエアのスイート。ビジネスルール管理システム(Business Rules Management System)製品である「Red Hat JBoss BRMS 6」を同梱しており、ビジネスプロセス・マネジメント(BPM)とビジネスルール・マネジメント(BRM)を統合できる。開発元は米Red Hat。

 Red Hat JBoss BPM Suite 6は、ビジネスプロセス・モデリングの標準となっているモデル記述言語「BPMN(Business Process Modeling Notation)2.0」に対応。ビジネスプロセスのモデリングやシミュレーションを行える。同梱するJBoss BRMS 6が備えるビジネスルールの管理・実行機能と組み合わせることで、ビジネスプロセス実行時の複雑で難しい判断において、リアルタイムの意思決定を支援したり、意思決定を自動化したりすることが可能になる。

 プロセスのモデリングでは、Webベースのグラフィカル・ツールを使って、ドラッグ&ドロップ操作でBPMN 2.0対応のプロセス・モデルを作成。作成したモデルに対して、BPSim(Business Process Simulation Interchange Standard)に基づくシミュレーションを実行できる。

 ビジネスルールは、決定表、スコアカード、ドメイン固有言語などを用いてグラフィカル・ツールで定義し、ルール・エンジンで実行する。ルールはデータベースなどに格納した静的なデータに対して適用するだけでなく、株式相場などリアルタイムに変動するデータに対してもイベント・ベースで適用することができる。  Red Hat JBoss BPM Suite 6は、ほかに、データ・モデリング、エンドユーザー・フォーム設計、ダッシュボードによるビジネス・アクティビティのモニタリング、などの機能を備える。

Red Hat JBoss BPM Suite 6の概要
主な機能ビジネスプロセス・モデリング、プロセス・シミュレーション、データ・モデリング、エンドユーザー・フォーム設計、ビジネス・ダッシュボードによるアクティビティのモニタリング、ビジネスルール・オーサリング、ビジネスルール・エンジン
サポートする動作環境■Java仮想マシン:Oracle JDK 1.6/1.7、IBM JDK 1.6/1.7、OpenJDK 1.6/1.7
■アプリケーション・コンテナ:JBoss Enterprise Application Platform 6.1.1、JBoss Enterprise Web Server 2.0.1、Apache Tomcat 6.0.37、Apache Tomcat 7.0.40
価格(税込)Red Hat JBoss BPM Suite 16core Standardサブスクリプションが624万円から、JBoss BRMS 16core Standardサブスクリプションが312万円から(いずれもコア課金・年間サブスクリプション契約)
発表2014年3月6日
提供開始2014年3月6日