Facebookページのタイムライン強制適用は、ページの作り直しが発生するので、制作会社の方・代理店の方に大きなインパクトがあったのではないでしょうかタイムライン化にあたり誤った情報も出てしまっているようなので、正しい情報をまとめて、チェックリスト化しました。

 クライアントや社内のチェックリストとしてご利用いただけたらと思います。

 ※よく誤った情報が出ていたりしているものを、目次で【要注意】と書いています。

 ※カバー写真作りについてはFacebookタイムラインのカバー写真作りで使える14個のサービス、徹底まとめもご参照ください。

    ■目次
    ・チェック1.カバー写真の制作、設定
    ・チェック2.プロフィール写真の制作、設定
    ・チェック3.ウェルカムページのデザイン変更【要注意】
    ・チェック4.広告の誘導先をウェルカムページに変更【要注意】
    ・チェック5.タイムラインの投稿内容をトップ表示・ハイライト表示
    ・チェック6.過去の大事な出来事用の画像・文言の制作、登録
    ・チェック7.アプリページのデザイン修正(横幅を広げる)
    ・チェック8.基本データにURLが表示されるように修正
    ・チェック9.ファンからFacebookページ宛のメッセージのエスカレーション設定【要注意】
    ・チェック10.アプリタブ用の画像制作、設定【要注意】
    ・チェック11.基本データ横に表示する3つの要素を決める。
    ・番外編1.タイムライン適応の流れ
    ・番外編2.各画像サイズのまとめ
    ・番外編3.Facebook公式の各種紹介ページのリンク集

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。