Windows 8.1を起動するとまず表示されるスタート画面。このスタート画面は、Windowsストアアプリを起動するためのランチャー機能と、ライブタイル機能を兼ねている。

 デスクトップ画面はもちろんあるが、このスタート画面においては1つのタイルとして表示されている。そのタイルを押せばデスクトップ画面に移動し、デスクトップ画面でスタートボタンを押せばスタート画面に戻ってくる(図1)。

●ワンタッチでスタート画面とデスクトップ画面を切り替え
図1●スタート画面で「デスクトップ」のタイルを選ぶと、デスクトップ画面が開く。Windows 8.1はデスクトップ画面に「スタートボタン」があり、これをクリックするとスタート画面に戻る
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。