顔認証ソフト「NeoFace Monitor」の利用イメージ
顔認証ソフト「NeoFace Monitor」の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 NECの「NeoFace Monitor」は、PCのログイン処理に顔認証を追加する機能などをもつセキュリティソフトである。認証精度世界一を誇る(注)同社の顔検出・顔照合エンジン「NeoFaceR」を搭載する。あらかじめ登録した利用者の顔画像を蓄積したサーバーと連携することで、顔をPC画面にかざすだけでログオン処理とユーザー認証が実行できる。PC内蔵のカメラやWebカメラなどで認証できるので、コストを抑えられる。

 また、PCにログオン中は常にカメラを通して利用者の顔認証を行い、離席時に画面を自動ロックする機能も備える。1台のPCや一つのIDを複数のユーザーが共有している場合にも、各人を顔で認証し、利用履歴を残せるので、未登録ユーザーによる利用を防げる。

 Active Directoryと連携することで、運用設定や認証ログなどを、組織全体で一元管理できる。サーバーから定期的に認証情報をPCにダウンロードし、オフライン環境でも顔認証が利用できるようにする運用も可能だ。

NeoFace Monitorの概要
主な機能PCのログイン処理に顔認証を追加する機能を備えたセキュリティソフト。あらかじめ登録した利用者の顔画像を蓄積したサーバーと連携することで、顔をPC画面にかざすだけでログオン処理とユーザー認証が実行できるようにする。
価格(税別)PC1台あたり1万円。別途、サーバー用ソフト30万円、ハード機器、システム構築費が必要。
発表2014年4月22日
提供開始2014年4月22日