特権ID管理ツール「ESS AdminControl(EAC)」
特権ID管理ツール「ESS AdminControl(EAC)」
[画像のクリックで拡大表示]
作業手順書管理ツール「ESS AutoQuality(EAQ)」
作業手順書管理ツール「ESS AutoQuality(EAQ)」
[画像のクリックで拡大表示]
システム操作内容の自動監査ツール「ECC AutoAuditor(EAA)」
システム操作内容の自動監査ツール「ECC AutoAuditor(EAA)」
[画像のクリックで拡大表示]

 エンカレッジ・テクノロジの「ESS SmartIT Operation」は、システム障害や情報漏えいなどの発生を防止するための運用管理ソフト群である。システム運用管理に特化したワークフロー管理ソフト「SIO Workflow」に、エージェントレスの特権ID管理ツール「ESS AdminControl(EAC)」、作業手順書管理ツール「ESS AutoQuality(EAQ)」、システム証跡監査ツール「ESS REC」、システム操作内容の自動監査ツール「ESS AutoAuditor(EAA)」の4つのソフトウエアコンポーネントを組み合わせて提供する。

 今回の主な強化点は、(1)特権IDの使用や作業内容を事前チェックできるようにした、(2)特権IDのログイン監査レポートとESS RECの操作内容監査レポートを統合した、の2点。システム運用管理業務に、事前チェックと事後点検というステップを組み込めるようにすることで、不正操作や誤操作、設定ミスなどによる問題の発生を防止できるという。

 (1)によって、例えば、特権IDを管理するEACと、作業手順書を管理するEAQ、SIO Workflowを連携し、未承認の作業を実行できないようにできる。(2)では、特権IDを管理するEACのログイン監査レポートから未承認アクセスを抽出し、その内容をさらにドリルダウンしてESS RECの操作内容監査レポートで確認できるようにした。システム運用管理における点検作業の精度と効率が高まるという。

 SIO Workflowに4コンポーネントを加えた「統制総合パック」のほか、ユーザーの要件によっては、SIO WorkflowにEACとESS RECだけを組み合わせた「特権ID管理パック」も提供する。

NeoFace Monitorの概要
主な機能システム障害や情報漏えいなどを防止するための運用管理ソフト群。システム運用管理に特化したワークフロー管理ソフト「SIO Workflow」に、特権ID管理ツール「ESS AdminControl」、作業手順書管理ツール「ESS AutoQuality」、システム証跡監査ツール「ESS REC」、システム操作内容の自動監査ツール「ESS AutoAuditor」の4つのソフトウエアコンポーネントを組み合わせて提供する
価格(税別)「特権ID管理パック」が最小構成で約500万円、「統制総合パック」が最小構成で約1000万円
発表2014年3月3日
提供開始2014年3月3日