Delphix Engine 4.0の概要(出典:米Delphix)
Delphix Engine 4.0の概要(出典:米Delphix)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Delphixの「Delphix Engine 4.0」は、本番環境で使っているデータベースのデータを開発環境のデータベース用にコピーして運用するための、仮想ストレージ製品である。複数の開発環境向けに、個別のデータベースを仮想的に作成できる。

 RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)のデータを複製し、複数のRDBMS(フロントエンドとなるSQLエンジン)から多目的に利用できるようにする仮想ストレージ製品である。VMware仮想アプラインスとして実装している。外部にある本番系のデータベースと同期し、Delphix Engine内に構築した複数の仮想ストレージにデータをコピーする仕組み。

 Delphix Engineを利用できるRDBMSは、Oracle Database、SQL Server、PostgreSQL。また、RDBMSのデータだけでなく、各種の設定ファイルなどを含む、アプリケーションの実行に必要なすべてのデータをコピーして仮想化できる。

 本番環境のRDBMSをUNIXサーバーからx86/Linuxサーバーにマイグレーションする機能を持った上位版「Delphix Modernization Engine」も用意している。これを使うと、Oracle DatabaseやPostgreSQLを、UNIXからx86/Linuxへと簡単にコンバートできる。

Delphix Engine 4.0の概要
用途と機能RDBMSのデータを複製し、複数のRDBMSから多目的に利用できるようにする仮想ストレージ製品
実装形態VMware仮想アプライアンス
利用できるRDBMSOracle Database、SQL Server、PostgreSQL
価格(税別)■4vCPUライセンス版:年額998万円
■8vCPUライセンス版:年額1900万円
発表日2014年5月14日
出荷日2014年5月14日
備考価格と発表日/出荷日は販売代理店の丸紅情報システムズの場合