FA-405の外観
FA-405の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 ピュア・ストレージ・ジャパンの「Pure Storage FlashArray FA-400シリーズ」は、SAN接続型の外付けSSDストレージである。2014年5月22日に、既存モデル「FA-420」に対して、下位モデル「FA-405」と上位モデル「FA-450」の2モデルを追加した。

 HDD(ハードディスク)互換のSAS/SATA接続型SSD(ソリッドステートドライブ)だけで構成した、SAN接続型のブロックストレージアレイである。最大の特徴は、パリティデータの書き込みを抑制する独自のRAID構成など、SSDに特化したソフトウエアを搭載すること。この上で、SSDのランダムI/O性能を生かしたインライン重複排除などの機能を提供する。

 製品は、サーバーとSAN(Fibre ChannelまたはiSCSI)で接続するコントローラー装置と、コントローラーからSASで接続するストレージシェルフで構成する。ストレージシェルフには、2.5インチのSAS/SATA接続型SSD(MLCタイプ、容量は256Gバイトまたは512Gバイト)を24個搭載する。Pure Storage FlashArrayのモデルに応じて、コントローラー性能や容量の拡張性が異なる。

 下位モデルであるFA-405のスペックは、32Kバイトブロック時に10万I/O毎秒、物理容量は最大11Tバイト(256GバイトSSD×48台)。FA-420は、32Kバイトブロック時に15万I/O毎秒、物理容量は最大35Tバイト。上位モデルのFA-450は、32Kバイトブロック時に20万I/O毎秒、物理容量は最大70Tバイト。

 ソフトウエアであるPurity 4.0の特徴の一つが、インライン重複排除である(粒度は512バイト)。SSDへの書き込みを減らすことができるので、ストレージの容量単価が安くなるほか、SSDの寿命が伸びる。現行版のPurity 4.0では、スナップショット機能と非同期レプリケーション機能を追加している。

Pure Storage FlashArray FA-400シリーズの概要
用途と機能SANストレージ
SANの種類FC(FibreChannel)およびiSCSI
データ格納領域HDD互換のSAS/SATA接続型SSDを搭載
特徴独自のRAIDやインライン重複排除など、ストレージソフトをSSD専用に作りこんでいる
価格(税別)FA-405で700万円台から
発表日FA-405およびFA-450:2014年5月22日
出荷日FA-405:2014年5月22日
FA-450:2014年6月