Windows Server 2003移行サービスの概要(出典:富士通エフサス)
Windows Server 2003移行サービスの概要(出典:富士通エフサス)
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通エフサスの「Windows Server 2003移行サービス」は、Windows Server 2003で稼働している旧式の業務システムを現行OSを採用した新システムへと置き換えるSI(システム構築)サービスである。OSのアップグレードに限らず、仮想環境/クラウドへの移行やストレージ統合、バックアップ環境の整備など、システム全体の改善を提案/実施する。

 Windows Server 2003移行サービスは、旧式システムを新システムに移行するマイグレーションサービス。中心となる目的は、2015年7月15日にサポートが切れるWindows Server 2003から脱却し、サポートが今後も継続する現行OSに切り替えること。Windows Server 2008/2012のほか、非Windowsを含む現行OSへと置き換える。

 OSの移行に合わせて、稼働プラットフォームを仮想環境(VMware vSphereやHyper-V)やパブリッククラウド(富士通のTrusted PuBlic S5など)に移行するサービスも提案/提供する。さらに、ストレージを統合したり、災害対策/事業継続用にバックアップ環境を構築するサービスも提案/提供する。

 なお、同サービスは、同社の顧客約2000社によるWindows Server 2003からの移行案件を通じて培ったノウハウを体系化したものという。

Windows Server 2003移行サービス概要
用途と機能OSのマイグレーションを中核としたSIサービス
主な目的2015年7月15日にサポートが切れるWindows Server 2003から現行OSへのリプレース
その他のシステム提案仮想環境/クラウドへの移行、ストレージ統合、バックアップ環境の整備、など
価格個別見積もり
発表日2014年5月20日
提供開始日2014年5月20日