写真●マルケトの代表取締役社長に就任した福田康隆氏
写真●マルケトの代表取締役社長に就任した福田康隆氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マーケティングオートメーションツールを提供している米Marketoの日本法人マルケトは2014年6月9日、本日付けで福田康隆氏が代表取締役社長に就任したと発表した(写真)。福田氏は、セールスフォース・ドットコムで専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めていた。

 就任にあたり福田氏は、「2014年はマーケティングオートメーション元年になると考えている。企業規模や業種によらず、Marketoのソリューションの良さを理解してもらえるように尽力する」と述べた。

 福田氏は、米Oracleや日本オラクルを経て、2004年に米Salesforce.comに入社。日本市場のオペレーションを担当後、2005年に日本法人に移った。その後、約9年間でコマーシャル営業本部を当初の数名から約100名体制まで拡大し、同社の成長を牽引してきた。

関連記事
マーケティング支援ツール大手の米Marketoが日本上陸
「ユーザーを教育、啓蒙できた企業が勝ち残る」と米MarketoのCEO