Lattix 9.4の画面(DSM画面)
Lattix 9.4の画面(DSM画面)
[画像のクリックで拡大表示]
Lattix 9.4の画面(ダイアグラム画面)
Lattix 9.4の画面(ダイアグラム画面)
[画像のクリックで拡大表示]

 テクマトリックスの「Lattix 9.4」は、ソフトウエアのアーキテクチャー(構造)を解析/可視化するソフトである。解析対象は、C/C++、.NETなどで開発されたソフトウエアや、UML/SysMLモデルなど。アーキテクチャーの再設計/改善を支援することによって、ソフトウエアの品質や開発生産性を向上するのが狙い。

 Lattixでは、ソフトウエアを構成する要素(サブシステム、モジュール、関数/クラス、ファイル)同士の依存関係を、DSM(Dependency Structure Matrix)と呼ぶ2次元マトリクス(表形式)やダイヤグラム(箱と線)で可視化する。これにより、要素の分け方が適切かどうか、偏りがないかどうか、などが分かる。

 ある構成要素に変更を加えた際の影響度分析や各種のメトリクス分析ができる。分析可能なメトリクスは全16種類である。

表●Lattixの分析メトリクス
システムの規模要素数
複雑度
依存関係数
依存度平均
変更に対する影響の度合いシステム安定性
影響度平均
要素の連結の度合い平均累積依存度
正規化累積依存度
連結度
連結濃度
連結強度
結合の度合い結合度
結合濃度
結合強度
要素の循環の度合い循環度
システム間循環度

 現行版では、アーキテクチャーと依存関係を表現する方法の1つであるダイアグラム表示機能を刷新し、より使いやすくしている。ユーザーインタフェースの見た目を改善したほか、画面上で箱と線の位置を移動させる操作を直感的に行えるようにしたとしている。なお、ダイヤグラムとDSMのどちらかを操作して変更を加えると、他方にリアルタイムに反映される。

Lattix 9.4の概要
提供形態ソフトウエア
用途と機能ソフトウエアのアーキテクチャー(構造)を解析/可視化
目的ソフトウエアの構成要素同士の依存関係を可視化することによって、要素の分け方が適切かどうかを調べる
可視化の手法■DSM(Dependency Structure Matrix)と呼ぶ2次元マトリクス(表形式)
■ダイヤグラム(箱と線)
価格(税別)98万円から
発表日2014年6月24日
出荷日2014年6月24日
備考発表日/出荷日と価格は販売代理店であるテクマトリックスのもの