NECソリューションイノベータの「ConforMeeting SaaS版」は、クラウド型で利用できるペーパーレス会議アプリケーションである。音声通話やカメラ映像では伝えることが難しいプレゼンテーション資料や手書きメモを、会議参加者のクライアントPC画面で共有できる。テキストファイルのほか、Office文書(PowerPoint/Word/Excel)やPDFを共有できる。

「ConforMeeting SaaS版」利用者の画面イメージ
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ペーパーレス会議の主催者は、共有したい資料(ファイル)と参加者を選んで会議を開催する。プレゼンテーション資料の切り替えやページめくりを、参加者間で同期できる。また、共有しているファイルに対して、参加者が互いに書き込みながら議論できる。

 外部のWeb会議システムと連携させた使い方もできる。事前にWeb会議システムのIDをConforMeeting SaaS版に登録しておくことで、会議開催時に自動でWeb会議システムが起動する。映像と音声を共有するWeb会議と、ペーパーレスで資料を共有するペーパーレス会議を同時に立ち上げられる。

ConforMeeting SaaS版の概要
用途と機能ペーパーレス型の会議アプリケーション
提供形態クラウドサービス
メリット音声通話やカメラ映像では伝えることが難しいプレゼンテーション資料や手書きメモを、会議参加者のクライアントPC画面で共有できる
共有できる資料テキストファイルのほか、Office文書(PowerPoint/Word/Excel)やPDFを共有できる
使い方主催者は、共有したい資料(ファイル)と参加者を選んで会議を開催する。プレゼンテーション資料の切り替えやページめくりを、参加者間で同期できる。また、共有しているファイルに対して、参加者が互いに書き込みながら議論できる
Web会議との連携事前にWeb会議システムのIDをConforMeeting SaaS版に登録しておくことで、会議開催時に自動でWeb会議システムが起動する。映像と音声を共有するWeb会議と、ペーパーレスで資料を共有するペーパーレス会議を、同時に立ち上げられる
価格(税別)基本サービス(10 ID、1Gバイト)が、議事進行用のツールを含んで月額3万円。最低契約期間は6カ月。ユーザーとストレージ容量の追加はオプションで、追加1 IDが月額3000円、追加5Gバイトが月額5000円
発表日2020年11月12日
提供開始日2020年11月12日