ヤマハの「vRX」は、サーバー仮想化環境で動作する、仮想アプライアンス型のルーター機器である。ヤマハが提供しているハードウエア型のルーター機器と、ソフトウエアの大半を共通化している。ヤマハのハードウエア型ルーター機器で利用できるコマンドの大部分を、そのまま利用できる。

ヤマハ仮想ルーターのCLI画面でコマンド「show config」を実行した結果
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハードウエア型のルーター機器と違い、スペックが固定されていない。そのため、導入するライセンスの変更によって、通信速度やVPNの接続拠点数といったスペックを拡張できる。例えば、導入時には10Mビット/秒だった通信速度を10Gビット/秒に拡張したり、VPN接続拠点数を10から1000に拡張したりできる。

 仮想アプライアンスなので、1台の物理サーバー機の上で、複数の仮想ルーター機器を運用できる。事業の成長に応じて、ハードウエアよりも手軽にルーター機器を拡充できる。また、高スペックな物理サーバー機と広帯域ライセンスを組み合わせることで、高い性能の仮想ルーター機器を運用できる。

ハードウエア型のルーター機器のようにスペックが固定されていないので、導入するライセンスを変更することで、速度やVPNの接続拠点数といったスペックをスケールできる
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ラインアップは、AWS(Amazon Web Services)上で動作する版と、VMware ESXi上で動作する版がある。VMware ESXi版の場合、仮想ルーター機器を他の仮想サーバー機と同様にVMware vCenter Serverから一元管理できる。

vRXの概要
用途と機能サーバー仮想化環境で動作する、仮想アプライアンス型のルーター機器
特徴ヤマハが提供しているハードウエア型のルーター機器と、ソフトウエアの大半を共通化している。ヤマハのハードウエア型ルーター機器で利用できるコマンドの大部分を、そのまま利用できる
スペックの拡張導入するライセンスによって、通信速度やVPNの接続拠点数といったスペックを拡張できる。通信速度は最小が10Mビット/秒で最大が10Gビット/秒。VPN接続拠点数は最小が10で最大が1000
ラインアップAWS(Amazon Web Services)上で動作する版と、VMware ESXi上で動作する版がある。VMware ESXi版の場合、仮想ルーター機器を他の仮想サーバー機と同様にVMware vCenter Serverから一元管理できる
仮想ルーターの仕様(VMware ESXi版の場合)項目最大値
LANインターフェース数4
IPv4スループット20Gビット/秒
IPsecスループット2Gビット/秒
VPN対地数(IPsec)6000
VPN対地数(マルチポイントトンネル)100
VPN対地数(L2TP/IPsec)1000
VPN対地数(L2TPv3/IPsec)99
VPN対地数(最大設定可能数)6000
価格(税別)上限速度10Mビット/秒の最小構成で年額1万6500円、上限速度10Gビット/秒の最大構成で年額200万円など。オプションのVPN接続ライセンスは、最小構成の10対地で2万円、最大構成の1000対地で156万円など
発表日2020年11月18日(VMware ESXi版)、2019年8月(AWS AMI版)
提供開始日2021年1月(VMware ESXi版)、2019年9月(AWS AMI版)