インターコムの「MaLionCloud」は、WindowsとMacの両方で利用できる、クラウド型のクライアント管理サービスである。主に、IT資産管理(インベントリ情報の収集とソフトウエア配布)と、情報漏洩対策(クライアント操作の監視と制御)の機能を提供する。

MaLionCloudのコンポーネント構成。管理データベース機能とデータ中継機能をクラウドサービスとして提供する
(出所:インターコム)
[画像のクリックで拡大表示]
ログオン監視ログを基にしたAIレポート出力イメージ
(出所:インターコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 IT資産管理では、どのようなソフトウエアをインストールしているのかが分かる。古いバージョンのソフトウエアを使っているパソコンに新バージョンのソフトウエアを配信して更新する、といった運用ができる。

 管理対象となるクライアントPCに専用のエージェントソフトをインストールして使う。エージェントは、クライアントPCからデータを収集し、クラウド上のサーバーに転送する。VPNクライアントを介してクラウド上の管理サーバーに閉域網で接続する仕組み。

 2019年12月に提供開始したVer.6.1では、機械学習を活用したログ分析/レポート出力ができる。対象とするクライアントPCと集計期間を指定するだけで、AIがログを自動分析し、分析結果に適した統計図表を使い、Excel形式のレポートを出力する。まずは、OSログオンの監視ログの分析機能から提供する。クライアントPCへのログオン/ログオフ時刻の異常値を検出することで、社員の過度な時間外労働の傾向を把握できる。

 レポート上では、異常度が高い順に、クライアントPCのログをリストアップする。統計グラフと、100を最良とする「総合スコア」によって、分析結果を表示する。管理者は、レポートから異常の傾向を把握し、根拠となったログを確認した後、該当の社員に注意を促す、といった対策を講じることができる。

 Windows 10の更新プログラムの適用を抑止する機能が利用できる。更新作業の一時停止や延期期間を指定することで、意図しない自動アップデートを防ぐことができる。更新が自動で行われると、互換性の問題によってアプリケーションに不具合が生じ、業務に支障をきたす場合がある。

 なお、MaLionCloudは、オンプレミス版ソフトウエア「MaLion」の管理サーバー機能をSaaS型クラウドサービスの形で提供する製品である。1契約あたり最大でクライアントPC×1000台を管理できる。

MaLionCloudの概要
用途と機能WindowsとMacの両方で利用できる、クラウド型のクライアント管理サービス
主要機能■IT資産管理(インベントリ情報の収集とソフトウエア配布)
■情報漏えい対策(クライアント操作の監視と制御)
アーキテクチャ管理対象となるクライアントPCに専用のエージェントソフトをインストールして使う。エージェントは、クライアントPCからデータを収集し、クラウド上のサーバーに転送する。VPNクライアントを介してクラウド上の管理サーバーに閉域網で接続する
現行版の強化点機械学習を活用したログ分析/レポート出力ができる。対象とするクライアントPCと集計期間を指定すると、ログを分析してExcel形式のレポートを出力する
機械学習によるログ分析の対象提供開始時点では、OSログオンの監視ログを分析できる。クライアントPCへのログオン/ログオフ時刻の異常値を検出することで、社員の過度な時間外労働などを把握できる
その他の機能Windows 10の更新プログラムの適用を抑止する機能を利用できる。更新作業の一時停止や延期期間を指定することで、意図しない自動アップデートを防ぐことができる
価格(税別)1クライアントあたり月額1000円から
発表日2019年12月2日(Ver.6.1)
提供開始日2019年12月2日(Ver.6.1)