ペーパーロジックの「paperlogic電子契約」は、オンラインで契約を交わせるクラウド型の電子契約サービスである。紙の契約書と印鑑を用いた従来の契約を電子化し、オンラインで契約を締結できるようにする。電子署名とタイムスタンプによって契約の真正性を保つ。

paperlogic電子契約の概要
paperlogic電子契約の概要
(出所:ペーパーロジック)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

  1. 電子署名機能とタイムスタンプ機能を兼ねる
  2. 電子署名は立会人型と当事者型の両方から選べる

主な機能

■電子署名

 電子的な契約書類に電子署名を施せる。署名を検証できるようになるほか、改ざんを検知できるようになる。

■タイムスタンプ

 認定事業者がサービス提供しているタイムスタンプを打刻できる。

■電子保存機能

 電子帳簿保存法新7条(現10条)の電子取引データを、法令に準拠して保存できる。保存した契約書は、検索と閲覧が可能。

概要(仕組み・使い方など)

 電子署名のやり方は、立会人型(クラウド事業者がユーザーの代わりに署名)または当事者型(ユーザー自身のデジタル証明書で署名)の両方から選べる。立会人型は課金なしに何件でも制限なく契約できる。

 ゲスト機能を備えている。取引先が電子契約サービスを契約していなくても締結できる。

価格・料金(税別)

  • 月額固定料金。毎月の契約数に応じた料金プランを採用。最小構成となる月25件まで新規契約締結が可能なプランが、月額2万円から
  • 認印に相当する簡易署名(立会人型)の電子契約は、課金対象外(件数に制限なく締結可能)
  • 電子署名に用いる電子証明書は、発行費用実費が必要(証明書につき3500円、1年間有効)