日立製作所の「日立従量課金型データ基盤ソリューション」は、日立製作所のストレージ機器をユーザー企業のオンプレミス環境に設置し、従量課金または月額固定料金で使えるようにしたサービスである。ストレージ機器として「VSP E790」または「VSP E590」を使う。きょう体は高さ2Uのラックマウント型である。

「日立従量課金型データ基盤ソリューション」のメニュー
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 複数の構成済みモデルから、用途に合ったものを選んで導入できる。これにより、最短で1週間で導入し、利用を開始できる。大容量向けの「キャパシティモデル」を選択すれば、メガクラウドベンダーのビジネス向けストレージと同等のコストで利用できるとしている。

 運用管理をユーザーが実施する形態から、稼働リポートの作成や障害の予兆監視などを含めてフルマネージド型で提供する形態まで、ユーザーの要件に合わせてカタログから細かく選べる。

 (1)コンサンプション、(2)ベーシック、(3)カスタムの3つのメニューを用意している。

 (1)コンサンプションは、日立製作所が設計した推奨構成のストレージを、従量課金型で利用するメニューだ。オプションの運用サービスをカタログから選んで追加できる。

 (2)ベーシックは、ユーザーの要望に合わせてストレージを構成し、月額固定料金で利用するメニューだ。月額固定なので、ユーザーは予算を立てやすい。オプションの運用サービスをカタログから選んで追加できる。

 (3)カスタムは、ユーザーの要望に合わせてストレージを構成し、従量課金型または月額固定料金のいずれかで利用するメニューだ。運用サービスも、ユーザーの要望に合わせて提供できる。

日立従量課金型データ基盤ソリューションの概要
用途と機能日立製作所のストレージ機器をユーザー企業のオンプレミス環境に設置し、従量課金または月額固定料金で使えるようにしたサービス
ストレージ機器「VSP E790」または「VSP E590」を使う。きょう体は高さ2Uのラックマウント型
ストレージ構成複数の構成済みモデルから、用途に合ったものを選んで導入できる。これにより、最短で1週間で導入し、利用を開始できる
運用管理サービスユーザーの要件に合わせてカタログから選べる。運用管理をユーザーが実施する最小限の形態から、稼働レポートの作成や障害の予兆監視などを含めてフルマネージド型で提供する形態まで用意している
メニューコンサンプションベーシックカスタム
利用できるストレージ構成日立製作所が設計した推奨構成のストレージユーザーの要望に合わせてストレージを構成する
課金方法従量課金月額固定料金従量課金または月額固定料金
利用できる運用サービスオプションの運用サービスをカタログから選んで追加するユーザーの要望に合わせて運用サービスを設計して提供する
価格個別見積もり。「メガクラウドベンダーのビジネス向けメニューと同等」としている
発表日2020年12月9日
提供開始日2020年12月9日