英Neat frameの「Neat Bar」は、オフィスの会議室で利用するビデオ会議デバイスである。棒状のきょう体にビデオ通話のためのマイクとスピーカー、広角カメラを搭載している。会議室向けビデオ会議サービス「Zoom Rooms」と組み合わせて利用することで、会議室にいる複数の社員が同時にビデオ会議に参加できる。国内では日商エレクトロニクスが販売している。

会議室で使うためのビデオ会議デバイス。棒状の形状にマイク、スピーカー、広角カメラを内蔵する
(出所:日商エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 Zoom Roomsのソフトをインストール済みである。本体を電源とネットワークに接続しアクティベートするだけで、Zoom Roomsによるビデオ会議を始められる。会議室への取り付けも容易である。壁への取り付け、ディスプレイへの取り付け、テーブル上への配置など、各種の取り付け方法がある。取り付け用の金具が最初から付属している。

会議室への取り付けは容易。壁への取り付け、ディスプレイへの取り付け、テーブル上への配置、などができる。これらのための取り付け用金具が、最初から付属している
(出所:日商エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクは、5つのマイク(エンドファイアアレイ)と3つのセンサーマイクで構成する。ビームフォーミング機能により、発言している社員の声をピックアップし、不要な音をシャットアウトできる。また、ソフトウエアによる音声処理によって、ほかの人の声や周りの雑音によって声が不明瞭になったりミュートされたりする問題が起こらないようにした。

 カメラは、参加している社員全体を写せるように、120度の広角カメラを搭載した。オートフレーミング機能を搭載しており、自動で画角を調整する。解像度は1200万画素であり、4K解像度(約800万画素)を超えている。

 別製品として、棒状の「Neat Bar」をベースにタッチパネル付きディスプレイを一体型とした「Neat Board」も用意している。65インチのディスプレイ、8つのマイク、スピーカー、カメラなど、必要なものが1つのきょう体にまとまっている。

Neat Barの概要
用途と機能オフィスの会議室で利用するビデオ会議デバイス。棒状のきょう体にビデオ通話のためのマイクとスピーカー、広角カメラを搭載している。会議室向けビデオ会議サービス「Zoom Rooms」と組み合わせて利用することで、会議室にいる複数の社員が同時にビデオ会議に参加できる
ビデオ会議ソフトZoom Roomsのソフトをインストール済み。本体を電源とネットワークに接続しアクティベートするだけで、Zoom Roomsによるビデオ会議を始められる
会議室への取り付け壁への取り付け、ディスプレイへの取り付け、テーブル上への配置など、各種の取り付け方法がある。取り付け用の金具が最初から付属している
マイク5つのマイク(エンドファイアアレイ)と3つのセンサーマイクで構成する。ビームフォーミング機能により、発言している社員の声をピックアップし、不要な音をシャットアウトできる
ソフトウエアによる音声処理他の人の声や周りの雑音によって声が不明瞭になったりミュートされたりする問題が起こらないようにした
カメラ参加している社員全体を写せるように、120度の広角カメラを搭載した。オートフレーミング機能を搭載しており、自動で画角を調整する。解像度は1200万画素
価格(税別)Neat Barのコントローラやスケジューラとして利用できるタブレット端末「Neat Pad」とのセットで29万8000円
発表日2020年12月10日
提供開始日2020年12月10日
備考発表日/提供開始日と価格は、販売代理店である日商エレクトロニクスのもの