サイバートラストの「CentOS 8 延長サポート」は、Linuxの1つであるCentOS 8を導入済みの企業に向けて、最長で2029年5月までCentOS 8をサポートするサービスである。修正パッケージと、日本語によるサポートサービスを組み合わせて提供する。

 CentOS 8は、CentOSの現行バージョンの1つであり、2021年12月31日にサポート(メンテナンス更新)が終了する。このため、CentOS 8を使い続けるユーザーは、2022年以降はセキュリティの修正などを受けられなくなる。

 CentOS 8のユーザーには、CentOS StreamやCentOS 7など別バージョンに移行する選択肢、CentOS互換の商用LinuxであるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を使う選択肢、CentOS以外のRHEL互換OSを使う選択肢、2022年以降もCentOS 8を使い続ける選択肢などがある。

 サイバートラストのCentOS 8 延長サポートを契約すると、CentOS 8のサポートが終了した後もセキュリティの修正などを反映できる。最長で2029年5月までサポートする。RHEL互換OS「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」のライセンスも付属する。

CentOS 8 延長サポートの概要
用途と機能CentOS 8を導入済みの企業に向けて、CentOS 8のサポート(メンテナンス更新)終了後もCentOS 8のサポートを提供するサービス
サポート内容修正パッケージと、日本語によるサポートサービスを組み合わせて提供する。Red Hat Enterprise Linux互換OS「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」のライセンスも付属する
サポート期間最長で2029年5月まで
価格(税別)・1年間のサポート付きで7万8000円
・3年間のサポート付きで16万2000円
・5年間のサポート付きで22万2000円
発表日2020年12月22日
提供開始日2021年1月4日