セルビアSonecoの「NetVizura」は、フロー情報やSyslog/SNMPトラップなど、ネットワーク機器やサーバー機からのパッシブ型の(受動的な)情報収集をトータルに実施できる製品である。フローコレクタの「NetVizura NetFlow Analyzer」(NetVizura NFA)をベースに、オプションでSyslogサーバー機能とSNMPトラップ受信機能を担う「NetVizura EventLog Analyzer」(NetVizura ELA)を用意した。

フローコレクタ「NetVizura NetFlow Analyzer」とSyslogサーバー/SNMPトラップ受信の「NetVizura EventLog Analyzer」を組み合わせることで、受動的な情報収集をトータルに実施できる
(出所:ジュピターテクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ベース製品のNetVizura NFAは、ルーターやスイッチが出力するNetFlowやsFlowなどのフロー情報(送信元/送信先IPアドレスやポート番号などの通信統計情報)を収集して可視化するフローコレクタ製品である。ソフトウエアまたはハードウエアアプライアンスの形態で提供する。

 NetVizura NFAにより、トラフィック情報の5W(どこで、だれが、いつ、何を、なぜ)を追跡できる。フローデータに対する検索やソート、CSV(カンマ区切り形式)出力などができるほか、サブネットやサービスを指定することで、閲覧したいトラフィックだけを分析できる。トラフィックレポートを自動作成し、メールで配信することも可能。

 NetVizura ELAは、NetVizura NFAのオプションとして導入できる、Syslogサーバー機能とSNMPトラップ受信機能である。サーバー機などがSyslog形式で出力したシステムログを収集して可視化できるほか、SNMPのトラップを受信できる。フローコレクタのNetVizura NFAと組み合わせることで、ネットワーク上で発生している問題を特定できる。

NetVizuraの概要
用途と機能フロー情報やSyslog/SNMPトラップなど、ネットワーク機器やサーバー機からのパッシブ型の(受動的な)情報収集をトータルに実施できる
提供形態ソフトウエアまたはハードウエアアプライアンス
製品構成NetFlowやsFlowなどのフロー情報を収集する「NetVizura NetFlow Analyzer」(NetVizura NFA)をベースに、オプションで、Syslogサーバー機能とSNMPトラップ受信機能を担う「NetVizura EventLog Analyzer」(NetVizura ELA)を用意している
トラフィック分析レポートNetVizura NFAにより、トラフィック情報の5W(どこで、だれが、いつ、何を、なぜ)を追跡できる。サブネットやサービスを指定することで、閲覧したいトラフィックだけを分析できる。トラフィックレポートを自動作成し、メールで配信できる
価格(税別)NetVizura NFAとNetVizura ELAのセット(ソフトウエア版)の場合、「1秒あたり50フローまで、Syslog送信機器3台まで」が年額14万5000円、「1秒あたり500フローまで、Syslog送信機器3台まで」が年額45万3000円
発表日2020年1月14日
提供開始日2020年1月14日
備考価格と発表日/提供開始日は、販売代理店であるジュピターテクノロジーのもの