日立製作所の「AI導入・運用支援サービス」は、業務システムへのAIの導入や、AIの継続的な運用・改善を支援するSIサービスである。AI導入の検討、PoC(概念検証)の実施、AIの導入、導入したAIの運用・改善までを一貫して支援する。

「AI導入・運用支援サービス」の概要
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴の1つは、XAI(Explainable AI:説明可能なAI)によって、AIが出力した結果の根拠を提示すること。AIの予測/判断結果の根拠を、定量的に分かりやすく提示するとしている。提示した根拠と現場担当者の見解との乖離(かい離)を把握することで、現場に受け入れられるAIモデルへと改善していく。

 運用段階では、AIの挙動の変化を監視しながら、必要に応じて再学習させることによって、業務システムの品質を保つ。また、XAIを活用してAIの判断根拠を確認しながら、AIモデルの精度低下や要因を検知し、改善すべき箇所を指摘する。

 AIの定着化や継続的改善のための体制や仕組みの整備も支援する。法令や各種ガイドラインの動向を踏まえながら、AIが出力した結果がこれらを逸脱するケースを想定し、業務プロセスの不足といったリスクを抽出する。こうして、ガバナンス体制の構築や、業務プロセスの見直しなどの改善提案を行う。

AI導入・運用支援サービスの概要
用途と機能業務システムへのAIの導入や、AIの継続的な運用・改善を支援するSIサービス。AI導入の検討、PoC(概念検証)の実施、AIの導入、導入したAIの運用・改善までを一貫して支援する
機能面の特徴AIの予測/判断結果の根拠を、定量的に分かりやすく提示する。提示した根拠と現場担当者の見解との乖離を把握することで、現場に受け入れられるAIモデルへと改善する
AI運用時の特徴AIの挙動の変化を監視しながら、必要に応じ再学習させることによって、業務システムの品質を保つ。また、AIの判断根拠を確認しながら、AIモデルの精度低下や要因を検知し、改善すべき箇所を指摘する
AIの定着化支援AIの定着化や継続的改善のための体制や仕組みの整備も支援する。法令や各種ガイドラインの動向を踏まえながら、AIが出力した結果がこれらを逸脱するケースを想定し、業務プロセスの不足といったリスクを抽出する。こうして、ガバナンス体制の構築や、業務プロセスの見直しなどの改善提案を行う
価格個別見積もり
発表日2020年1月27日
提供開始日2020年1月27日