RPAとは:自動化できる業務やツール、事例、AIとの違いを解説

 オートメーション・エニウェア・ジャパンの「Automation Anywhere Enterprise A2019」は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールである。開発環境の「Bot Creator」、実行環境の「Bot Runner」、管理機能の「Control Room」で構成する。ロボット管理サーバーが社内で稼働する全てのロボットを一元管理する形態だ。開発環境や管理サーバーなどは、クラウドまたはオンプレミス環境で稼働するサーバー用ソフトとして提供する。

「Automation Anywhere Enterprise A2019」のシステム構成
(出所:日立ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発者は、開発環境を使ってロボットを開発する。開発したロボットは、管理サーバーにアップロードして登録する。ロボット利用者は、管理サーバーにアクセスし、動作させたいロボットと、ロボットを実行させたい環境を選んで実行する。管理サーバー上では、ロボットの稼働状況や処理の成功・失敗などが分かる。

 開発環境のBot Creatorでは、ロボットのスクリプトを開発する。エディター上では、プログラミングのようなキー入力は必要なく、条件分岐や繰り返しなど数百種類のコマンドツリーからドラッグ&ドロップ操作で処理を追加し、ダイアログで値などを設定できる。また、業務の操作をレコーディングしてスクリプトを自動生成できる。こうして生成したスクリプトを編集して利用できる。デバッグ機能(ステップ実行、ブレイクポイント、変数表示など)も備えている。

 GUI操作やコマンド操作をスクリプトで再現できる。GUI操作は、HTML構文を解析した上でのWeb画面操作、WindowsアプリケーションのオブジェクトIDを指定した操作、画面のビットマップ画像を認識した上で座標を指定した操作ができる。コマンド操作は、キー入力やコマンドの実行、Excel操作などGUI操作以外の各種の操作ができる。

 実行環境のBot Runnerでは、各種のタイミングでロボットを起動できる。手動起動(Web画面から明示的にクリックして実行)、スケジュール起動(スケジュールに則って起動)、トリガー起動(外部アクションなどをトリガーに起動)、ワークフロー起動(実行する順番や条件などのプロセスフローに則って起動)などに対応する。トリガーについては、ウィンドウの開閉、フォルダ監視、プロセス監視、サービス監視、メール受信などを利用できる。

 ロボット管理のControl Roomは、ロボットを登録するリポジトリー、稼働状況の監視、ユーザーの権限管理、ロボットの即時起動、ロボットのスケジュール起動などの機能を提供する。

 RPAのコア機能のほかに、周辺ソフトを用意している。

 例えば、「Automation Anywhere Robotic Interface(AARI)」は、RPA処理の中で使える対話型のボットである。ロボット処理の最中に人の判断が必要になる場合に、社員とボットがやり取りすることで指示を出せる。これにより、プロセスの終わりまで自動で処理できる。

 例えば、「Discovery Bot」は、RPAで自動化すべき業務プロセスを自動で検出できるプロセスディスカバリソフトである。エージェントソフトを導入したクライアントPC上のアプリケーションの操作を分析し、複数のアプリケーションにまたがった業務プロセスなどを発見する。

Automation Anywhere Enterprise A2019の概要
用途と機能RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソフト
アーキテクチャーサーバー型のRPAツール。開発環境の「Bot Creator」、実行環境の「Bot Runner」、管理機能の「Control Room」で構成する。管理サーバーで社内で稼働する全てのロボットを一元管理する。
提供形態クラウド型またはオンプレミス型で提供
使い方の流れ(1)開発者は、開発環境を使ってロボットを開発する。開発したロボットは、管理サーバーにアップロードして登録する
(2)ロボット利用者は、管理サーバーにアクセスし、動作させたいロボットと、ロボットを実行させたい環境を選んで実行する
(3)管理サーバー上では、ロボットの稼働状況や処理の成功・失敗などが分かる
ロボットの開発方法ロボットはスクリプトで記述する。エディター上では、プログラミングのようなキー入力は必要なく、条件分岐や繰り返しなど数百種類のコマンドツリーからドラッグ&ドロップ操作で処理を追加し、ダイアログで値などを設定できる。また、業務の操作をレコーディングしてスクリプトを自動生成できる。こうして生成したスクリプトを編集して利用できる。デバッグ機能(ステップ実行、ブレイクポイント、変数表示など)も備えている
自動化できる対象GUI操作やコマンド操作をスクリプトで再現できる。GUI操作は、HTML構文を解析した上でのWeb画面操作、WindowsアプリケーションのオブジェクトIDを指定した操作、画面のビットマップ画像を認識した上で座標を指定した操作ができる。コマンド操作は、キー入力やコマンドの実行、Excel操作などGUI操作以外の各種の操作ができる
ロボットの起動方法手動起動(Web画面から明示的にクリックして実行)、スケジュール起動(スケジュールに則って起動)、トリガー起動(外部アクションなどをトリガーに起動)、ワークフロー起動(実行する順番や条件などのプロセスフローに則って起動)などに対応する。トリガーについては、ウィンドウの開閉、フォルダ監視、プロセス監視、サービス監視、メール受信などを利用できる
管理サーバーの機能ロボットを登録するリポジトリー、稼働状況の監視、ユーザーの権限管理、ロボットの即時起動、ロボットのスケジュール起動など
周辺ソフトの例■Automation Anywhere Robotic Interface(AARI)
RPA処理の中で使える対話型のボット。ロボット処理の最中に人の判断が必要になる場合に、社員とボットがやり取りすることで指示を出せる
■Discovery Bot
RPAで自動化すべき業務プロセスを自動で検出できるプロセスディスカバリーソフト。エージェントソフトを導入したクライアントPC上のアプリケーションの操作を分析し、複数のアプリケーションにまたがった業務プロセスなどを発見する
価格(税別)・小企業およびチーム向けのパッケージ「Cloud Starter Pack」の場合、提供形態はクラウド型に限り、年額9000ドル
・中企業・大企業向けのパッケージ「Advanced Pack(Digital Workforce Starter Pack、Enterprise Pack)」は、ユーザー要件に応じて機能やライセンスをカスタマイズ可能で、要問い合わせ
発表日2019年10月18日
提供開始日2019年10月18日