網屋の「Verona」は、クラウド型のVPNサービスである。拠点間を接続する使い方と、VPNクライアントソフトから拠点にアクセスする使い方ができる。特徴は、固定IPアドレスを持たない拠点でも使えることと、拠点同士が同一のIPアドレス(例えば「192.168.1.0/24」)を使っていても構わないことである。

クラウド型のVPNサービス「Verona」の概要。専用のルーター機器を使って拠点間接続のネットワーク構成を一元管理する
(出所:網屋)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用にあたっては、拠点ごとに専用のルーター機器「V-edge」を設置する必要がある。V-edgeは、購入またはレンタルで導入できる。Veronaのクラウドサービスは、V-edge同士が拠点間で通信し合うために必要な情報を、個々のV-edgeに配信する役割を担っている。

 具体的には、ルーターは、クラウドにアクセスして、自身のIPアドレス(動的IPアドレスで構わない)や、社内LANのIPアドレスを報告する。この上で、他の拠点の情報を取得する。この仕組みによって、固定IPアドレスがなくても拠点間でVPNのトンネルを張れる。

 独自のNAT(アドレス変換)機能により、拠点同士で社内LANのIPアドレスが重複していても利用できる。例えば、192.168.0.2の端末から192.168.0.2のサーバーに仮想IPアドレス(192.168.10.2)を使ってアクセスする、といったことができる。

 ルーターは、PPPoEまたはIPoE(IPv4 over IPv6)で接続する。インターネットに出ていくことなく、NTT東西のNGN網内で拠点間を接続できる。拠点間VPNの通信方式は、IPSecである。

 ルーター同士の拠点間接続とは別に、VPNクライアントソフト「V-Client」も用意している。PC(Windows、Mac OS)やスマートデバイス(iOS、Android)は、クラウドから拠点のルーターのIPアドレスを教えてもらい、VPNトンネルを張る。

Veronaの概要
用途と機能クラウド型のVPNサービス
使い方拠点間を接続する使い方と、VPNクライアントソフトから拠点にアクセスする使い方ができる
特徴固定IPアドレスを持たない拠点でも使える
拠点同士が同一のIPアドレス(例えば「192.168.1.0/24」)を使っていても構わない
システム構成拠点ごとに専用のルーター機器「V-edge」を設置する(購入またはレンタル)。Veronaのクラウドサービスは、V-edge同士が拠点間で通信し合うために必要な情報を、個々のV-edgeに配信する役割を担う
NAT機能独自のNAT機能により、拠点同士で社内LANのIPアドレスが重複していても利用できる。例えば、192.168.0.2の端末から192.168.0.2のサーバーに仮想IPアドレス(192.168.10.2)を使ってアクセスできる
インターネット接続方法PPPoEまたはIPoE(IPv4 over IPv6)
VPN方式IPSec
エディションベーシックタイプスタンダードタイプハイスペックタイプ
VPNスループット120Mビット/秒120Mビット/秒500Mビット/秒
FWスループット500Mビット/秒500Mビット/秒1Gビット/秒
利用規模小、中規模拠点(10~50人程度)本社/データセンター(50名~200人程度)サービス事業
V-Client最大同時接続数10250250
V-Clientライセンス発行上限数10無制限無制限
購入時の初期費用(税別)9万8000円25万円48万円
購入時の利用費(税別)月額2450円月額6250円月額1万4000円
レンタル時の初期費用(税別)5000円5000円5000円
レンタル時の利用費(税別)月額8000円額2万円月額3万8000円
V-Clientの価格(税別)単価が最も高くなる10~100ライセンスの場合、1クライアントあたり月額500円
発表日2020年2月17日(V-edge Version 5)
提供開始日2020年2月17日(V-edge Version 5)