ラトックシステムの「REX-BT60HID」は、RS-232Cインターフェースを備えたシリアル通信装置からBluetooth接続を介してWindowsパソコンやスマートフォンに直接データを入力できるアダプター装置である。Windowsパソコンなどに対してはHIDキーボードイベントとしてデータを出力できる。1度に入力通信可能なデータは60バイト程度。

「REX-BT60HID」の外観
(出所:ラトックシステム)
[画像のクリックで拡大表示]

 RS-232C機器とBluetoothで接続できる。Excelやメモ帳などのアプリケーションに、キーボード入力としてデータを取り込める。例えば、電子てんびんにREX-BT60HIDを接続することによって、てんびんに載せたモノの重さをキーボード入力としてExcelファイルに記載できる。

RS-232C機器とBluetoothで接続するだけで、Excelやメモ帳などのアプリケーションにキーボード入力として直接データを取り込める
(出所:ラトックシステム)
[画像のクリックで拡大表示]

 動作に必要な電源は、添付のACアダプター(L字コネクタ採用)またはD-Sub 9ピンの9番端子から供給する。接続する機器や環境によって、給電方法を使い分けられる。ACアダプターを接続した状態でDIPスイッチを切り替えることにより、外部に電源を供給する使い方も可能(DC5V/1.0A程度の供給が可能)。

REX-BT60HIDの概要
用途と機能RS-232Cインターフェースを備えたシリアル通信装置からBluetooth接続を介してWindowsパソコンやスマートフォンに直接データを入力できるアダプター装置
パソコンから見たデータ入力インターフェースWindowsパソコンなどに対してはHIDキーボードイベントとしてデータを出力できる。1度に入力通信可能なデータは60バイト程度
使い方の例電子てんびんにREX-BT60HIDを接続することによって、てんびんに載せたモノの重さをキーボード入力としてExcelファイルに記載できる
動作電源添付のACアダプター(L字コネクタ採用)またはD-Sub 9ピンの9番端子から供給。ACアダプターを接続した状態でDIPスイッチを切り替えることにより、外部に電源を供給する使い方も可能(DC5V/1.0A程度の供給が可能)
価格(税別)2万4000円
発表日2021年1月25日
提供開始日2021年1月