リコーの「toruno(トルノ)」は、オンライン会議やウェビナー(Web配信コンテンツ)をまるごと記録して後から利用できるサービスである。音声、音声認識による文字起こしテキスト、画像キャプチャーをクラウド上で記録する。議事録の作成や動画の文字起こしなどの作業を支援する。

記録用のデスクトップアプリケーションの画面。リアルタイム文字起こし機能を備える
(出所:リコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 会議内容を記録するソフトは、Windows上で常駐して動作する。Web会議ツールとの連携は不要である。画面のキャプチャーは、デスクトップ画面全体またはWeb会議システムなど個別アプリケーションのウインドウを指定して記録する。

 記録した会議データは、クラウド上にアップロードする。Webブラウザーで閲覧できる。URLを用いて会議データを共有できる。音声データ(MP3形式)、文字起こしテキスト(テキスト形式)、画像データ(JPEG形式)でダウンロードできる。

 音声データは、会議中の重要な発言をブックマークして頭出し再生できる。音声の再生スピードは、0.5倍~2.0倍速の間で変更できる。5秒ごと30秒ごとに再生位置をジャンプする機能も備える。

toruno(トルノ)の概要
用途と機能オンライン会議やウェビナー(Web配信コンテンツ)をまるごと記録して後から利用できるサービス。議事録の作成や動画の文字起こしなどの作業を支援する
記録できる内容音声(MP3形式)、音声認識による文字起こしテキスト(テキスト形式)、画像キャプチャー(JPEG形式)を記録する
記録ソフトのアーキテクチャー会議内容を記録するソフトは、Windows上で常駐して動作する。このため、Web会議ツールとの連携は不要である。画面のキャプチャーは、デスクトップ画面全体またはWeb会議システムなど個別アプリケーションのウインドウを指定して記録する
記録データの閲覧記録した会議データは、クラウド上にアップロードする。Webブラウザーで閲覧できる。URLを用いて会議データを共有できる。音声データ(MP3形式)、文字起こしテキスト(テキスト形式)、画像データ(JPEG形式)でダウンロードできる
音声データの再生機能会議中の重要な発言をブックマークして頭出し再生できる。音声の再生スピードは、0.5倍~2.0倍速の間で変更できる。5秒ごと30秒ごとに再生位置をジャンプする機能も備える
価格(税別)月額1500円(1カ月あたり10時間分含む)+従量料金2円/分
サービスを使い始めの3時間に限って無料で使える無料プランも用意した
支払い方法クレジットカード
発表日2021年2月2日(β版)
提供開始日2021年2月2日(β版)