住友電工情報システムの「QuickSolution」は、企業向けの全文検索サーバーソフトである。ファイルサーバーやグループウエア、データベースサーバーなどで管理している社内文書をWeb検索画面から横断的に検索できる。

企業向け全文検索ソフトウェア「QuickSolution」新版にオプションとして追加した、AIを使って文書を分類する機能の概要
(出所:住友電工情報システム)
[画像のクリックで拡大表示]

 テキストファイルだけでなく、Office文書やPDF文書などに含まれるテキストも検索する。キーワード一致検索に加えて、自然文を用いたあいまい検索も可能。そしてユーザー権限に応じて検索可能な文書を制御できる。

 外部のデータベースサーバーについては、バイナリデータ型のカラムに格納したファイルの内容(本文)を検索できるほか、カラムにファイルパスが格納されている場合、パスが指すファイルを検索できる。

 検索キーワードに誤字や変換ミスなどの可能性がある場合は、正しいキーワードを画面上に「もしかして」と表示する。利用者は、QuickSolutionが表示したキーワードをクリックするだけで、そのキーワードを使って再検索できる。

 1台のQuickSolutionサーバーで、50Tバイト(1億2000万ファイル)を2~3秒で検索できる。この規模を超える場合は、QuickSolutionサーバーを複数台用意して分散検索させることで、数100Tバイトまで拡張できる。

 オプションで、AIを使って文書を分類できる。機械学習のうち、教師なし学習を利用している。各種の文書を、特徴に基づいて、自動的にグループ分けする。分類結果は、共有タグとして検索に活用できる。また、クリックで目的の文書にたどり着くための検索カテゴリーとして利用できる。

 検索できる文書の種類は、ファイルサーバー上のファイルについては、Office文書、PDF、一太郎、DocuWorks、AutoCAD、HTML、RTF、メールファイル(msg形式、eml形式)、テキストファイル、など。このほか、Webコンテンツやデータベースサーバー、SharePoint Server、Notes/Domino、Exchange Serverなど各種システムのデータを検索できる。

QuickSolutionの概要
用途と機能企業向けの全文検索サーバーソフト。ファイルサーバーやグループウエア、データベースサーバーなどで管理している社内文書ファイルを、Web検索画面から横断的に検索できる。テキストファイルだけでなく、Office文書やPDF文書などに含まれるテキストも検索できる
検索方法キーワード一致検索に加えて、自然文を用いたあいまい検索ができる。ユーザー権限に応じて検索可能な文書を制御できる
DBMSの検索バイナリデータ型のカラムに格納したファイルの内容(本文)を検索できる。カラムにファイルパスが格納されている場合、パスが指すファイルを検索できる
検索キーワードの修正検索キーワードに誤字や変換ミスなどの可能性がある場合は、正しいキーワードを画面上に「もしかして」と表示する。利用者は、QuickSolutionが表示したキーワードをクリックするだけで、そのキーワードを使って再検索できる
検索できる文書の種類ファイルサーバー上のファイルについては、Office文書、PDF、一太郎、DocuWorks、AutoCAD、HTML、RTF、メールファイル(msg形式、eml形式)、テキストファイル、など。このほか、Webコンテンツやデータベースサーバー、SharePoint Server、Notes/Domino、Exchange Serverなど各種システムのデータを検索できる
文書の分類オプションで、AIを使って文書を分類できる。機械学習のうち、教師なし学習を利用している。各種の文書を、特徴に基づいて、自動的にグループ分けする。分類結果は、共有タグとして検索に活用できる。また、クリックで目的の文書にたどり着くための検索カテゴリーとして利用できる
価格(税別)150万円から
発表日2020年2月25日(Ver.11.3、AIによる文書の分類機能)
提供開始日2020年2月25日(Ver.11.3、AIによる文書の分類機能)