米LogicMonitorの「LogicMonitor」は、サーバー/ストレージやネットワーク機器などをエージェントレスで監視できるクラウド型のシステム監視サービスである。社内LAN上の1台のパソコンやサーバーに専用の監視モジュール「Collector」(Javaで動作)をインストールして監視対象を登録するだけで利用できる。国内ではSaaSprestoが販売している。

「LogicMonitor」のアーキテクチャー。SNMPやWeb APIなど各種の手段を用いて外部から監視デバイスのメトリクスを監視する
(出所:SaaSpresto)
[画像のクリックで拡大表示]

 監視対象デバイスを1分に1回の頻度で外部から監視する。SNMP/WMI、Ping、Syslog/Windowsイベントログ、Web APIなどの各種の手段で監視する。

 監視内容を事前に設定済みとした標準監視テンプレート「LogicModules」を2000種類以上用意した。個々の監視対象に対して、取得するメトリクスの種類、収集方法、アラートの通知方法(推奨のしきい値など)などを定義している。

 監視データがしきい値を超えた場合や、設定した値が返ってこない場合、重要度に応じて、3種類(Warning/Error/Critical)のアラートを、あらかじめ設定したエスカレーションルールにのっとって通知する。しきい値は標準で設定済みだが、自社の要件に合わせて変更できる。

 アラートの通知方法は複数ある。電子メール、自動コール(音声電話)、SMS、Slackなどのチャット/インシデント管理ツールとの連携、専用モバイルアプリケーションといった各種の手段を用意した。

 管理コンソールでは、ダッシュボード、グラフ、リポートを表示する。ネットワークトポロジ(ノード経路と相関図)も表示できる。デバイス間の通信状況や、どのデバイスでアラートが発生しているかなどを可視化する。

 20種類以上のリポート用テンプレートを用意した。アラートリポート、リソースリポート、パブリッククラウドの課金リポート、ユーザーやロール(役割)のリポート、監査ログのリポートなどを出力する。リポートは、PDF、HTML、CSVで出力できる。オンデマンドで生成できるほか、スケジュールにのっとってメールで配信できる。

LogicMonitorの概要
用途と機能サーバー/ストレージやネットワーク機器などをエージェントレスで監視できるクラウド型のシステム監視サービス
監視方法監視対象を1分に1回の頻度で外部から監視する。SNMP/WMI、Ping、Syslog/Windowsイベントログ、Web APIなどの各種の手段で監視する
動作形態社内LAN上の1台のパソコンやサーバーに専用の監視モジュール「Collector」(Javaで動作)をインストールする。監視対象を登録するだけで利用できる
監視テンプレート2000種類以上用意した。個々の監視対象に対して、取得するメトリクスの種類、収集方法、アラートの通知方法(推奨のしきい値など)などを定義している
アラート機能監視データがしきい値を超えた場合や、設定した値が返ってこない場合、重要度に応じて、3種類(Warning/Error/Critical)のアラートを、あらかじめ設定したエスカレーションルールにのっとって通知する
アラートの通知方法電子メール、自動コール(音声電話)、SMS、Slackなどのチャット/インシデント管理ツールとの連携、専用モバイルアプリケーションといった各種の手段を用意した
リポート用テンプレート20種類以上を用意した。アラートリポート、リソースリポート、パブリッククラウドの課金リポート、ユーザーやロール(役割)のリポート、監査ログのリポートなどを出力する。リポートはPDF、HTML、CSVで出力できる。オンデマンドで生成できるほか、スケジュールにのっとってメールで配信できる
管理コンソールダッシュボード、グラフ、リポートを表示する。ネットワークトポロジ(ノード経路と相関図)も表示できる。デバイス間の通信状況や、どのデバイスでアラートが発生しているかなどを可視化する
価格(税別)監視対象デバイスあたり月額2500円。最小監視台数は50台(月額12万5000円)
発表日2021年2月4日
提供開始日2021年2月4日
備考発表日/提供開始日と価格は、販売代理店であるSaaSprestoのもの