日商エレクトロニクスの「Business Data Science Platform」は、ユーザー企業が自ら機械学習を用いてデータ分析できるように支援するワンストップ型のSIサービスである。データの準備からモデルの作成、運用を支援する。

「Business Data Science Platform」の概要
(出所:日商エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 データアナリストの分析プロセスを体系化した業界標準フレームワーク「CRISP-DM」をベースとしながら、AI(人工知能)を用いたデータ分析プロジェクトに必要になる一連のサービスを提供する。米RapidMinerの機械学習ソフトウエアを中核に、ハンズオン形式の学習プログラム、ユーザーとの共同作業によるAIモデルの作成と検証、AIモデル導入後の運用支援などを提供する。

 ハンズオン形式による学習プログラムでは、データ分析に必要になる基礎知識からAIの効果的な活用方法までを学習できる。ユーザー企業が保有する実際のデータを用いて、データ分析のプロセスを最短1週間で体験できる。これにより、ユーザー自身がデータ分析サイクルを回せるようにする。

 AIモデルの作成と検証は、ユーザーと共同で実施する。ビジネス要件を理解しているユーザーと、製品に詳しい日商エレクトロニクスのエンジニアが共同で作業し、短期間で分析モデルを作成する。

 作成した分析モデルは、データ分析対象となる既存システムとAPIで連携させる。これにより、実際のビジネスでAIを活用した予測や分類が可能になる。ユーザーの利用環境に合わせ、オンプレミス型、クラウドサービス型のいずれの形態でも提供できる。

 AIモデル導入後の運用も支援する。実装した分析モデルの精度を分析するサービスや、運用フェーズで見えてくる課題や改善点のリポートを作成するサービスを提供する。モデルの精度を監視したうえで、定期的にモデルをメンテナンスする。

Business Data Science Platformの概要
用途と機能ユーザー企業が自ら機械学習を用いてデータを分析できるように支援するワンストップ型のSIサービス。データの準備からモデルの作成、運用を支援する
サービスの内容米RapidMinerの機械学習ソフトを中核に、ハンズオン形式の学習プログラム、ユーザーとの共同作業によるAIモデルの作成と検証、AIモデル導入後の運用支援などを提供する
学習
プログラム
データ分析に必要になる基礎知識からAIの効果的な活用方法までをハンズオン形式で学習できる。ユーザー企業が保有する実際のデータを用いて、データ分析のプロセスを最短1週間で体験できる
AIモデルの作成ユーザーと共同でAIモデルを作成・検証する
システム
への実装
開発した分析モデルは、データ分析対象となる既存システムとAPIで連携させる。これにより、実際のビジネスにおいてAIを活用した予測や分類が可能になる
AIモデル導入後の
運用
実装した分析モデルの精度を分析するサービスや、運用フェーズで見えてくる課題や改善点のリポートを作成するサービスを提供する。モデルの精度を監視したうえで、定期的にモデルをメンテナンスする
価格個別見積もり
発表日2020年3月9日
提供開始日2020年3月9日