トレンドマイクロの「Trend Micro Apex One SaaS」は、エンドポイント向けの統合セキュリティーソフトである。企業向けマルウエア対策ソフト「Trend Micro Apex One」の管理サーバー機能をSaaS形態で提供する。エンドポイントには専用のエージェントソフトをインストールする。

「Trend Micro Apex One SaaS」の利用イメージ
(出所:トレンドマイクロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、マルウエアへの感染を防ぐ機能に加えて、EDR(エンドポイントでの検知と対処)機能を備えること。マルウエアの感染防止だけでなく、マルウエアに感染した後の事後対処機能も兼ね備える。

 マルウエアへの感染を防ぐ機能としては、パターンマッチング方式によるウイルスの検知、プログラムの挙動の監視、不正サイトへのアクセスを防止するURLフィルタリング、脆弱性を突く攻撃から守る仮想パッチ、アプリケーションの起動制御などを備える。

 マルウエア感染後の事後対処機能(EDR機能)では、マルウエアの侵入を許した根本原因を特定し、インシデントを調査し、対処を実施する。インシデントの調査では、被害端末を可視化して被害の範囲を特定する。

 Trend Micro Apex One SaaSでは、Trend Micro Apex Oneの管理サーバーをSaaS型クラウドサービスの形態で提供する。管理サーバーをユーザーみずから構築・維持する必要がない。エンドポイントにインストールするApex One SaaSエージェントソフトも自動で更新できる。

 オンプレミスのTrend Micro Apex Oneからの移行も容易である。管理サーバーの設定を変更するだけで、指定したエンドポイントの管理サーバーをApex OneからApex One SaaSへと移行できる。

Trend Micro Apex One SaaSの概要
用途と機能エンドポイント向けの統合セキュリティーソフト
提供形態管理サーバーをSaaS形態で提供する。エンドポイントには専用のエージェントソフトをインストールする
特徴マルウエアへの感染を防ぐ機能に加えて、マルウエアに感染した後の事後対処機能となる「EDR(エンドポイントでの検知と対処)機能」を兼ね備える
マルウエアへの感染を防ぐ機能パターンマッチング方式によるウイルスの検知、プログラムの挙動の監視、不正サイトへのアクセスを防止するURLフィルタリング、脆弱性を突く攻撃から守る仮想パッチ、アプリケーションの起動制御、など
EDR機能マルウエアの侵入を許した根本原因を特定し、インシデントを調査し、対処を実施する。インシデントの調査では、被害端末を可視化して被害の範囲を特定する
価格(税別)参考標準価格で年額5990円
発表日2020年3月19日
提供開始日2020年3月25日