東京システムリサーチの「AIセルフトレーニング」は、コールセンター/コンタクトセンターの顧客対応担当者(オペレーター/コミュニケーター)の教育を支援するサービスである。音声認識機能を備えたチャットボットが顧客役となり、トレーニングの相手を務める仕組み。オペレーターの育成にかかる負担を軽減する。

「AIセルフトレーニング」の概要
(出所:東京システムリサーチ)
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド型で利用できる。利用時間帯の制約なく、オペレーターの空き時間を利用してトレーニングできる。

 チャットボットは、男性と女性を選べる。さらに、喜びや怒りなどの感情を帯びた表現ができる。現実のコールセンター/コンタクトセンターの現場に近い感覚でトレーニングできる。チャットボットにコールスクリプトを学習させて利用する。

 トレーニングを受けるオペレーターの会話内容は、アドバンスト・メディアの音声認識エンジン「AmiVoice」のAPIを使ってリアルタイムに文字化する。オペレーターの会話内容をAIで分析し、不適切な表現に対してその場で訂正ポイントを指摘する。

AIセルフトレーニングの概要
用途と機能コールセンター/コンタクトセンターの顧客対応担当者(オペレーター/コミュニケーター)の教育を支援するサービス
サービスの内容と仕組み音声認識機能を備えたチャットボットが顧客役となり、トレーニングの相手を務める。チャットボットにコールスクリプトを学習させて利用する
提供形態クラウドサービス型で提供する。利用時間帯の制約なく、オペレーターの空き時間を利用してトレーニングできる
チャットボットの再現性男性と女性を選べる。さらに、喜びや怒りなどの感情を帯びた表現ができる。現実のコールセンター/コンタクトセンターの現場に近い感覚でトレーニングできる
音声認識と会話内容の分析トレーニングを受けるオペレーターの会話内容は、アドバンスト・メディアの音声認識エンジン「AmiVoice」のAPIを使ってリアルタイムに文字化する。オペレーターの会話内容をAIで分析し、不適切な表現に対してその場で訂正ポイントを指摘する
価格(税別)初期費用は70万円。月額費用は26万円(5ユーザー)から
発表日2021年3月16日
提供開始日2021年3月16日