ピー・シー・エーの「PCAクラウド」と「PCAクラウド on AWS」は、中堅・中小企業や非営利法人に向く、クラウド型の基幹業務アプリケーションである。PCAクラウドはピー・シー・エーの東西データセンター上で稼働する。PCAクラウド on AWSは、AWS(Amazon Web Services)の東京リージョン上で稼働する。

「PCAクラウド」と「PCAクラウド on AWS」の違い
(出所:ピー・シー・エー)
[画像のクリックで拡大表示]

 PCAクラウドとPCAクラウド on AWSは、想定する企業の規模が異なる。同時接続クライアント台数は、PCAクラウドが最大72台で、AWS版は最大3台である。PCAクラウドには月間稼働率のSLAがあるが、AWS版にはSLAがない。また、AWS版では電話サポート時の通話料をユーザーが負担する必要がある。

 PCAクラウドと比べたAWS版のメリットは、価格が安いことと、24時間利用できることである。データ連携用のWeb APIも無償で利用できる。利用時間は、PCAクラウドが0時から5時までなのに対して、AWS版は24時間利用できる。

 PCAの業務アプリケーションには、クラウド版のほかに、オンプレミス版がある。オンプレミス版には、買い取り型のパッケージと定額料金の購読型で利用できる「PCAサブスク」の2種類がある。

 クラウド版/オンプレミス版ともに、各種分野の業務アプリケーションを取りそろえている。業務の範囲として、会計、給与・人事・就業管理、販売管理・仕入れ・在庫管理、税務計算などをカバーする。

PCAクラウド on AWSの概要
用途と機能中堅・中小企業や非営利法人に向く、クラウド型の基幹業務アプリケーション
業務のカバー範囲会計、給与・人事・就業管理、販売管理・仕入・在庫管理、税務計算、など
サービスの種類PCAクラウドPCAクラウド on AWS
稼働環境ピー・シー・エーの東西データセンターAWS(Amazon Web Services)の東京リージョン
同時接続クライアント台数最大72台最大3台
Web API有償無償
SLA(稼働率保証)ありなし
電話サポートフリーダイヤルナビダイヤル(通話料がかかる)
価格(10%消費税込み)月額1万4850円から月額1万1550円から
発表日2021年3月22日
提供開始日2021年4月9日