ゾーホージャパンの「ManageEngine AD360」は、Active Directory(AD)の統合運用管理ソフトである。ADの運用管理に必要な機能を包括的に提供する。業務工数の削減とセキュリティー対策を主眼としている。

ManageEngine AD360を構成する「ADManager Plus」のダッシュボード画面
(出所:ゾーホージャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 次の4つの製品で構成する。(1)アカウント管理ソフト「ADManager Plus」、(2)監査リポートソフト「ADAudit Plus」、(3)アカウント管理のセルフサービスソフト「ADSelfService Plus」、(4)Microsoft 365を対象とした監査・監視・管理ソフト「O365 Manager Plus」――である。

 (1)ADManager Plusは、アカウント管理を支援する。アカウント情報(ユーザー、グループ、コンピューター、連絡先)やアクセス権限などを、GUI画面やCSV(コンマ区切り形式)データのインポートによって更新できる。アカウント情報の登録/変更/削除に必要な申請/承認ワークフロー機能も提供する。

 このほか、日々のアカウント管理を支援する機能を持つ。長期間使われていないアカウントを無効化したり、入社日や退社日などの指定日に合わせてアカウントを有効化/無効化したり、パスワードの期限切れが迫ったアカウントのパスワードリセットを強制したりできる。

 (2)ADAudit Plusは、ADの監査を支援する。ADのログを可視化してアラートを通知する。Windowsドメイン上で管理しているドメインコントローラー、ファイルサーバー、パソコンなどのITリソースの情報と、ユーザー、グループ、ポリシーなどのオブジェクト情報から監査リポートを作成する。特定のイベント発生時にメールでアラートを通知できる。

 (3)ADSelfService Plusは、アカウントロック時の解除とパスワードのリセットをセルフサービス化する。ADの管理者を介さずに、社員自らがアカウントのロック解除とパスワードリセットを実行できる。Windowsログオン画面に、アカウントロック解除/パスワードリセット機能を追加する形になる。

 本人認証手段として、セキュリティーの質問(社員だけが解答を知っている質問)、SMSや電子メールへの確認コード、米グーグルが開発した認証システムのソフトウエアトークン「Google Authenticator」などから社員が選択して利用できる。

 (4)O365 Manager Plusは、Microsoft 365の監査、監視、管理ができる。コンプライアンス(法令順守)リポートの作成、監査ログの無期限保存とアラート、CSVのインポートによるアクセス権限設定の管理、稼働状況の監視とメール通知、メールボックス内のコンテンツ検索などができる。

 ManageEngine AD360では、導入を容易にする仕掛けとして、有料プランのフル機能を60日間試せる評価版を用意している。さらに、機能やユーザー数などに制約がある無料版も用意している。無料版は、以下の範囲内であれば永年無料で利用できる。

  • ADManager Plus:全機能(100ユーザー、1ドメインまで)
  • ADAudit Plus:ワークステーション監査機能(50ワークステーションまで)
  • ADSelfService Plus:全機能(100ユーザーまで)
  • O365 Manager Plus:全機能(50ユーザー/メールボックスまで)
ManageEngine AD360の概要
用途と機能Active Directory(AD)の統合運用管理ソフト。ADの運用管理に必要な機能を包括的に提供する。業務工数の削減とセキュリティー対策を主眼としている
製品構成4つの製品で構成する
(1)「ADManager Plus」(アカウント管理ソフト)
(2)「ADAudit Plus」(監査リポートソフト)
(3)「ADSelfService Plus」(アカウント管理のセルフサービスソフト)
(4)「O365 Manager Plus」(Microsoft 365を対象とした監査・監視・管理ソフト)
ADManager Plusの概要アカウント管理を支援する。アカウント情報の登録/変更/削除に必要な申請/承認ワークフロー機能を提供する。GUI画面やCSVデータのインポートによってアカウント情報を更新できる。長期間使われていないアカウントを無効化したり、入社日や退社日などの指定日に合わせてアカウントを有効化/無効化したり、パスワードの期限切れが迫ったアカウントのパスワードリセットを強制したりできる
ADAudit Plusの概要ADの監査を支援する。ADのログを可視化してアラートを通知する。Windowsドメイン上で管理しているITリソースおよびユーザー/グループなどのオブジェクトの情報から監査リポートを作成する。特定のイベント発生時にメールでアラートを通知できる
ADSelfService Plusの概要アカウントロック時の解除とパスワードのリセットをセルフサービス化する。ADの管理者を介さずに、社員自ら、アカウントのロック解除とパスワードリセットを実行できる
O365 Manager Plusの概要Microsoft 365の監査、監視、管理ができる。コンプライアンス(法令順守)リポートの作成、監査ログの無期限保存とアラート、CSVのインポートによるアクセス権限設定の管理、稼働状況の監視とメール通知、メールボックス内のコンテンツ検索などができる
価格(税別)年額71万5000円から(有料プラン)
60日間無料(フル機能を利用できる評価版)
永年無料(機能やユーザー数に制約がある無料版)
発表日2020年4月1日(無料版)
提供開始日2020年4月1日(無料版)