日立ソリューションズの「リシテア/就業管理」は、就業管理ソフトである。オンプレミスなどで動作するパッケージ版と、SaaS型で提供するクラウド版がある。特徴は、ソフトウエア本体のソースコードを改変(カスタマイズ)することなく、プラグイン形式で外付けで機能を拡張できる点である。

今回の新版(Ver 2)でプラグイン方式を採用した(パッケージ/クラウドで共通)。図は、パッケージ版に対してプラグインで機能を拡張した場合のバージョンアップのイメージ
(出所:日立ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラグイン形式で機能を拡張できることから、パッケージ版のカスタマイズだけでなく、クラウド版においても、ユーザーの業務に合わせて機能を拡張できる。プラグイン開発部分を流用することで、パッケージ版からクラウド版への移行も容易である。パッケージ版をバージョンアップする場合も、プラグイン部分を残したまま、本体だけをバージョンアップできる。

 蓄積したデータを分析/可視化するダッシュボード「リシテア/HRダッシュボード」を製品に標準で添付している。職場の管理者は、ダッシュボードを介して、労働基準法が定める残業時間の超過や、有給休暇の未取得、これらの今後の予測を、リアルタイムに把握できる。これにより、規定違反を未然に防止できる。

リシテア/就業管理の概要
用途と機能就業管理ソフト
提供形態オンプレミスなどで動作するパッケージ版と、SaaS型で提供するクラウド版がある
特徴ソフトウエア本体のソースコードを改変(カスタマイズ)することなく、プラグイン形式で外付けで機能を拡張できる
プラグイン形式の利点パッケージ版のカスタマイズだけでなく、クラウド版においてもユーザーの業務に合わせて機能を拡張できる。プラグイン開発部分を流用することで、パッケージ版からクラウド版への移行も容易
ダッシュボード機能蓄積したデータを分析/可視化するダッシュボード「リシテア/HRダッシュボード」を製品に標準で添付した。職場の管理者は、ダッシュボードを介して、労働基準法が定める残業時間の超過や、有給休暇の未取得、これらの今後の予測を、リアルタイムに把握できる
価格(税別)クラウド版を3000人で利用した場合、1ユーザーあたり年額2240円
発表日2021年3月30日(プラグイン形式を採用したVer 2)
提供開始日2021年4月1日(プラグイン形式を採用したVer 2)