富士フイルムの「FUJIFILMオブジェクトアーカイブ」は、磁気テープをAmazon S3互換のオブジェクトストレージとして利用できるようにするソフトだ。Amazon S3はAWS(アマゾン ウェブ サービス)のクラウドストレージサービスである。大容量データをオンプレミス環境で安価に管理できる。

「FUJIFILMオブジェクトアーカイブ」の概要
(出所:富士フイルム)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は、データ容量の拡張性とデータの検索性に優れたオブジェクトストレージを、コスト効率や長期保管性に優れた磁気テープによって実現できることである。増大するデータストレージ需要に応えるとしている。

 富士フイルムはFUJIFILMオブジェクトアーカイブのため、専用の磁気テープ記録フォーマット「OTFormat」を開発した。LTO Ultrium-7またはLTO Ultrium-8のテープ装置とテープ媒体で利用できる。

 データの読み書きは、Amazon S3互換のREST APIで行う。データバックアップやアーカイブなどを実施するデータ管理ソフトから、Amazon S3と同様の方法でアクセスできる。読み出し時はS3 Glacier互換APIを使って、より効率よく読み出せるようにした。

 保存できるオブジェクトの数は、1ユニットあたり最大10億。2020年度中にバージョンアップを実施し、保存できる容量をさらに拡張する。加えて、メタデータを使ってオブジェクトを検索する機能を追加する。

FUJIFILMオブジェクトアーカイブの概要
用途と機能磁気テープをAmazon S3互換のオブジェクトストレージとして利用できるようにするソフト
特徴データ容量の拡張性とデータの検索性に優れたオブジェクトストレージを、コスト効率や長期保管性に優れた磁気テープによって実現する
利用できるテープ装置LTO Ultrium-7またはLTO Ultrium-8のテープ装置とテープ媒体で利用できる。専用の磁気テープ記録フォーマット「OTFormat」を利用する
APIデータの読み書きは、Amazon S3互換のREST APIで行う。データバックアップやアーカイブなどを実施するデータ管理ソフトから、Amazon S3と同様の方法でアクセスできる。読み出し時はS3 Glacier互換APIを使って、より効率よく読み出せるようにしている
保存できるオブジェクトの数1ユニットあたり最大10億
価格オープン
発表日2020年4月6日
提供開始日2020年4月6日