NECの「UNIVERGE IX2310」は、拠点間接続やリモートアクセスに向いたVPNルーター機器である。弁当箱サイズの小型モデルで、ネットワークインタフェースは10GBASE-T×4、モバイルデータ通信端末をつなぐためのUSBポートも備えている。OpenFlow 1.3.1準拠のSDN機能も備える。

「UNIVERGE IX2310」の外観
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 弁当箱サイズの小型モデル「IX2000シリーズ」の最上位モデルに位置する。他のモデル(IX2215/IX2207/IX2106)と比べて、データ転送速度を約5倍となる10Gビット/秒へと高めている。VPN接続時の性能は4Gビット/秒である。VPN(IPsec)対地数は256で、中小規模のセンタールーターとしても適する。

 指定した宛先(URL/IPアドレス)に合致するトラフィックを特定の経路に転送するURLオフロード機能を備える。インターネットアクセスをデータセンターに集約しつつ、オンライン会議(音声・映像のUDP通信)だけは拠点から直接インターネットに接続するといった運用ができる。

 UTM(統合脅威管理)ライセンスをオプションで用意している。ウイルス対策、IPS(不正侵入防止)、Webフィルタ(Webガード/URLフィルタリング)の機能を利用できる。

 運用面では、クラウド型統合管理サービス「NetMeister」(NECプラットフォームズが提供)を利用できる。ゼロタッチプロビジョニングが可能である。拠点にルーター機器を配備する際に、事前のキッティング作業や現地での設定作業が要らない。

UNIVERGE IX2310の概要
用途と機能拠点間接続やリモートアクセスに向いたVPNルーター機器で、弁当箱サイズの小型モデル
ネットワークインタフェース10GBASE-T×4。モバイルデータ通信端末をつなぐためのUSBポートも備える
SDN機能OpenFlow 1.3.1準拠
データ転送速度10Gビット/秒
VPN性能VPN接続時のデータ転送速度は4Gビット/秒。VPN(IPsec)対地数は256。中小規模のセンタールーターとしても適する
URLオフロード機能指定した宛先(URL/IPアドレス)に合致するトラフィックを特定の経路に転送できる。インターネットアクセスをデータセンターに集約しつつ、オンライン会議(音声・映像のUDP通信)だけは拠点から直接インターネットに接続する、といった運用ができる
UTM(統合脅威管理)機能オプションライセンスで提供。ウイルス対策、IPS(不正侵入防止)、Webフィルタ(Webガード/URLフィルタリング)の機能を利用できる
運用管理機能クラウド型統合管理サービス「NetMeister」(NECプラットフォームズが提供)を利用できる。ゼロタッチプロビジョニングが可能。拠点にルーター機器を配備する際に、事前のキッティング作業や現地での設定作業が要らない
価格(税別)・本体は35万8000円
・UTMライセンスは1年間で5万円、5年間で20万円
発表日2021年4月7日
提供開始日2021年4月28日